TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/20 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4875937 更新:2015年01月03日

教員採用試験 富山県 1次試験情報


2014年度

小学校

【受験自治体】
 富山県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 小学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 
【筆記試験の様子について】
 教養試験・専門試験は例年通りの構成。専門試験はやや難化したとの評。時間配分を考えないと少し苦しいと感じた。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 集合に関して。
1日で全ての受験者に試験を行わせるが、全体を3グループに分け、時間をずらして集合させる。
集合場所ではその1グループをさらに3つに、そしてそのうちの1つを15グループ(1グループ7~8人)にまで分ける。人によってはかなり待たされる場合もある。
その年によって違いがあるが、この待ち時間に同じグループの人と話し合って仲良くなる所もある。(去年はいくつかのグループはコミュニケーションを取り合っていたが、今年はそのようなことをしているグループはいなかった)

試験について。
面接官は3名、受験者は7~8名。課題用紙は別室に入ってから配られ、考えるじかんが10分程度ある。その後、検査室へ移動。
30分間で話し合いを深める。この時、特に協調性が求められているように感じた。

課題内容はグループによって異なるが、私のグループでは「学校教育において子どもを『可愛がる』ということと『甘やかす』ということの違いについて話し合ってください。」だった。

中学校

【受験自治体】
 富山県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 1日目(筆記試験)
指定された集合時間までには受験者の9割方は集まっている状態でした。
試験会場に入ると、私語はほとんど無く始終静かな雰囲気で、参考書などを見返して時間を過ごす人が多かったです。

2日目(集団討論)
ほぼ全員が集合時間までに体育館に集合しました。
集合者は3つのグループに分けられ、30分毎に1グループずつ会場に移動しました。
私は最後のグループでしたので、1時間以上体育館で待機しました。
私語厳禁、携帯使用禁止でしたので、参考書を見返したりするなどして時間を有効に活用する工夫が大切だと感じました。
【筆記試験の様子について】
 教養科目について。
時間は60分。大問7題構成で、一般教養と教職科目が一緒に出題されました。
教職科目では、法規と心理を中心に出題されました。
全体的に問題の難易度は易しかったです。

専門科目(数学)について。
時間は80分。例年通り、大問7題構成で、うち1題は数学科の学習指導要領から出題されました。
難易度は過去問と同程度という感じでしたが、問題にボリュームがあったので、時間内での完答は厳しかったと思います。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 別室で課題が配られ、5分程度で自分の考えをまとめる時間が与えられました。
その後、試験会場へ移動します。
入室して着席後、受験番号と課題に対する所感を1分程度で述べた後、15分間自由に討論するという流れでした。
試験官は3人。受験者は8人で1グループでした。
今回の課題は、『学校教育において子どもを「可愛がる」ということと「甘やかす」ということの違いについて話し合ってください。』でした。
違いに焦点をあてた課題でしたので、深みのある話し合いを展開していくのが難しかったです。
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 なし。
【個人面接(形式・人数・時間】
 なし。
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 なし。
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 なし。
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 ①集合時間に間に合うように行っても、ほとんどの人が早く集合しているので、余計な不安を排除するために、余裕をもって早く会場に入るといいです。
②試験の時程はかなり余裕を見込んで作られているようですので、隙間時間の使い方を事前に準備しておくといいと思います。
③会場によっては、下足を脱ぐ場合があるので、内履きをしっかり持参した方が印象がいいように感じました。
④周りが基本的に静かな分、他人の私語が大変気になったので、近くに知り合いがいたとしても基本的に私語は慎んだ方が良いです。

高等学校

受験自治体】
 富山県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 高等学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 基本的に静かで、参考書を開いて勉強している人がほとんどでした。
【筆記試験の様子について】
 ①教養科目
時間は60分。大問7題構成で、一般教養と教職科目が一緒に出題されました。

②専門科目(数学)
時間は80分。記述式で例年通り、大問7題構成で、うち1題は数学科の学習指導要領から出題されました。
80分で7題ということで時間との戦いでした。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 面接官は3人、時間は課題を考える時間10分、討論30分です。流れは課題提示室に移動します。そこで課題が配布され、10分程度で自分の意見をまとめます。その後、移動して各自、1分程度話して自由に討論するという流れでした。
出された課題は『学校教育において子どもを「可愛がる」ということと「甘やかす」ということの違いについて話し合ってください。』でした。
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 なし
【個人面接(形式・人数・時間】
 なし
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 なし
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 なし
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 富山県は専門科目が大切だと感じました。配点も専門科目が1番高かったです。

【受験自治体】
 富山県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 高等学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 【1日目:筆記】集合時間30分前には、大体の受験者が席についており、参考書などを見返したりしていた。静かな分、緊張がより高まった。【2日目:集団討論】1日目同様集合時間30分前には組分けの列に並んでいた。開始前に同じ組の人と話しておくことも大事だと感じたが、集合時間10分前位からの会話は控えたほうがよいように感じた。説明が終わってからの待ち時間は私語は控え、参考書などを見返すことが大事である。
【筆記試験の様子について】
 【一般教養】60分。大問7まであり、国語以外はほぼ選択式の回答であった。教職は、法規と心理を中心に出題。【専門(数学)】80分。大問7まであり、高校数学の学習指導要領から1題出題。小問・微積分・ベクトル・整数問題といった、主に高校数学の分野から幅広く出題されていた。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 面接官は3人。問題を与えられて10分程度考える時間を与えられ、別室で全体を通して約30分の討論を行う。人数は7、8人程度で男女別の組分けであった。出題された問題は『学校教育において子どもを「可愛がる」ということと「甘やかす」ということの違いについて話し合ってください。』というもので、受験番号と校種、1分間の書簡を述べた後討論を行ったので、
討論は実質15~20分程度だった。
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 集団討論において、入室時・退出時の挨拶や席につくタイミングなどは基本かもしれないが、本番は緊張していて忘れてしまう可能性も否めないので、それらを含めた練習をすることも必要もしれない。また、私の組は講師の方が過半数を占めており、学校の現状を踏まえた発言をされておられ、経験不足を実感した。

2013年度

小学校

1、 受験地名、校種
富山県 小学校

2.試験会場に入っての雰囲気
筆記・・・誰もしゃべっていない。各自勉強していた。
集団討論・・・勉強している人もいるが、話せる空気。
トイレに大行列。早めに会場入りし、トイレをしておくのがいいかも。

3.筆記試験の様子について
一般・教養・・・昨年に続き、内容は易しい。時間が25分余った。
小学校全科・・・過去問と比べると、易しい。
座る場所によって、クーラーがあたり、寒いこともある。上着があるとよい。

4.集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)
面接官3人。時間は所感を含め、30分。
問題は、「大人と子どもの違い」
流れは、集合・待ち時間・所感を考える・試験室で本番(校種・受験番号・所感・自由討論)

5. 論作文について(テーマ・文字数など)
なし
6. 個人面接(形式・人数・時間)
なし
7.模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)
なし
8.実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)
なし

9.感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス
<筆記>
教職教養は特に簡単。本番までの勉強であまり時間をかけなくてよい。おススメは、問題集から「単語カード」をつくり、繰り返しやる。短時間で効率がいい。小学校全科では、国・数・社の指導要領が出た。問題数が多いので、ここで落とすともったいない。おススメは、過去問から出題されやすい範囲を分析し、その分野を重点的に勉強する。
<集団討論>
やはり、開始前にグループの人と話すと雰囲気も分かり、よい。
私は失敗したのでアドバイスしづらいが、あまり練習してきていない人と本番でやることを念頭に置いて準備しておくべき。私は本番で分かりづらい提案をしてしまったため、提案の意図が見えにくく、変な流れになった。

1、 受験地名、校種
富山県 小学校

2.試験会場に入っての雰囲気
開始前から多くの人が並んでいた。
服装はほぼ全員がスーツ。

3.筆記試験の様子について
会場は男女別の教室。
静かで早めに来ている人が多い。

4.集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)
「子どもと大人の違い」について集団討論。
30分間。面接官3人。受験者6人。

1、 受験地名、校種
富山県 小学校

2.試験会場に入っての雰囲気
試験官が来るまで、時間があるので、けっこう勉強できます。

3.筆記試験の様子について
時間のゆとりはある。例年に比べて簡単だった。

4.集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)
面接官3人。入室から30分。(所感→討論)
テーマ「大人と子どもの違い」
Aさん(最初に人)が受験票を集めて渡す。
Aさんから校種と受験番号を言う。
よって、Aさんの負担は少し大きく、大変。

5. 論作文について(テーマ・文字数など)
なし
6. 個人面接(形式・人数・時間)
なし
7.模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)
なし
8.実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)
なし

9.感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス

1、 受験地名、校種
富山県 小学校

2.試験会場に入っての雰囲気
1日目・・・思っていたよりも、服装の緩い人がいたり、講師の方がいたりして、驚いた。
2日目・・・わりとガヤガヤしていた。とっても暑い。内履きはあったらいいけど、なくても問題なさそう。

3.筆記試験の様子について
トイレは大変混雑する。クーラーがきいている。テストとテストの間は、とても短い。いずみ高校の場合、待機場所は外で屋根はない。

4.集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)
テーマ「大人と子どもの違いについて話し合ってください。」
面接官3人。入室から討論終了までで30分。
流れ:入室・受験番号を言う・1分間の主張・討論(20分)・退室

5. 論作文について(テーマ・文字数など)
なし
6. 個人面接(形式・人数・時間)
なし
7.模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)
なし
8.実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)
なし

9.感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス

、 受験地名、校種
富山県 小学校

2.試験会場に入っての雰囲気
受付開始直後に行ったが、既に受験者がたくさんいて混雑していた。早め早めの行動が大事。

3.筆記試験の様子について
騒音もなく、静かな雰囲気で落ち着いて臨むことができた。試験官1人が教室を歩いていることのみ、多少気になった。

4.集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)
面接官3人。
入室後、先頭の人(Aさん)が全員の受験票を面接官に渡す。
「どうぞ座ってください」と言われてから全員着席。
30分間討論。(「残り5分間です」という合図あり)

5. 論作文について(テーマ・文字数など)
なし
6. 個人面接(形式・人数・時間)
なし
7.模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)
なし
8.実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)
なし

9.感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス
試験開始直前の空き時間など、参考書も見ず、堂々と構えている人も多くて、焦った。「最後まであきらめない!」という思いで、休憩時間も有効に使った。「直前に見ていたところがテストで出るかもしれない」ので、他人の様子はあまり気にせず、自分のことに集中していた方がいいと思った。また、廊下や校舎の外にも、試験官がいたので、試験中だけでなく、移動中や行き帰りの立ち居振る舞いにも気を付けるといいと思った。

中学高校

1、 受験地名、校種

富山県 中高 数学

2.試験会場に入っての雰囲気

クーラーが入っていて涼しかった。内履きは必要なし。周りはピリピリ。暗かった。

3.筆記試験の様子について

ちゃんと書けた人は少なそうだった。机が思ったよりも小さいので、物を落とさないようにしたい。

4.集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)

面接官3人。時間は30分(番号確認~討論)
「大人と子供の違いについて話しなさい」

5. 論作文について(テーマ・文字数など)
なし
6. 個人面接(形式・人数・時間)
なし
7.模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)
なし
8.実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)
なし
9.感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス

1、 受験地名、校種

富山県 中高 数学

2.試験会場に入っての雰囲気

1日目(筆記)ほとんどの人が開始直前まで勉強。
2日目(集団討論)受験者の半数は、同じグループの人と会話。もう半分は、参考書などを見て勉強。

3.筆記試験の様子について

教養60分。専門80分。
教室に時計がないので、腕時計を持参。

4.集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)

面接官3人。時間は30分。
テーマ「なぜ勉強するのか疑問に思っている子供がいます。勉強する理由について話し合ってください。」
流れ:控え室に移動・課題を渡され、10分間考察・教室へグループで移動・入室・自己紹介(受験番号と受験科目)・所感(1人1分)・討論開始

5. 論作文について(テーマ・文字数など)
なし
6. 個人面接(形式・人数・時間)
なし
7.模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)
なし
8.実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)
なし
9.感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス

1、 受験地名、校種

富山県 中高 社会(地理)

2.試験会場に入っての雰囲気

廊下は話せるが、教室内は話せない雰囲気。60分の教養試験後、10分程度休憩はあるが、トイレは混み合うので、使えない。我慢するか、開始前に済ませておく。

3.筆記試験の様子について

教養はほぼ全員数学を最後に解いていた。専門は、時間ぎりぎりの人が何人かいた。

4.集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)

面接官3人。廊下側に受験者(全員同じ科目)、窓側に面接官が座る。
チャイムと同時に入室・着席・本人確認・所感(各自1分)・討論
終了4分前に面接官から声がかかり、チャイムが鳴ると終了。

5. 論作文について(テーマ・文字数など)
なし
6. 個人面接(形式・人数・時間)
なし
7.模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)
なし
8.実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)
なし
9.感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス
集団討論の人数は8人。受験番号で区切られる。
初日の筆記試験終了後に話しかけておくと、次の日にもコミュニケーションをとりやすい。
また、討論の待機時間中に他のメンバーと討論の流れをそろえておくと進めやすい。
私のグループは事前に決めておいたが、それを無視して進める人がいた。それでも焦らず「協調性」を大切にしていけば大丈夫だと思う。30分はあっという間なので、時間感覚が大事。

1、 受験地名、校種

富山県 中高 社会(日本史・世界史)

2.試験会場に入っての雰囲気

みんな黙々と勉強していた。話しかけたら返してくれる人が多かった。

3.筆記試験の様子について

待ち時間が長い。

4.集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)

面接官3人。40代後半くらい。無表情。
所感を含めて30分などで、討論は20分ほど。
はじめに、受験番号と受験科目を言う。
テーマ「子供と大人の違いについて」
待ち時間の間に、同じグループの人と話しておくとよい。

5. 論作文について(テーマ・文字数など)
なし
6. 個人面接(形式・人数・時間)
なし
7.模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)
なし
8.実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)
なし
9.感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス

1、 受験地名、校種

富山県 中高 国語

2.試験会場に入っての雰囲気

土足のまま入ることが衝撃だった。
私服や茶髪の人もいた。思った以上にピリピリしていなかった。

3.筆記試験の様子について

机がガタガタだったので、ティッシュペーパーをつめた。
横の男性が寝ていた。

4.集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)

面接官3人。時間は30分。テーマ「高校生の意識」

5. 論作文について(テーマ・文字数など)
なし
6. 個人面接(形式・人数・時間)
なし
7.模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)
なし
8.実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)
なし
9.感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス

内履きは、念のため持って行った方がいいと思う。

1、 受験地名、校種

富山県 中高 国語

2.試験会場に入っての雰囲気

3.筆記試験の様子について

受験番号順に着席。問題配布から10分ほど待機。

4.集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)

面接官3人。
入室~退室まで30分。(入室・本人確認・所感・討論)
Aさんが面接官に受験票を渡す。

5. 論作文について(テーマ・文字数など)

なし

6. 個人面接(形式・人数・時間)

なし

7.模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)

なし

8.実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)

なし

9.感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス

1、 受験地名、校種

富山県 中高 国語

2.試験会場に入っての雰囲気

1日目(筆記)みんな緊張した表情で、参考書などを見て最終確認していた。
2日目(集団討論)近くの人と話している人もいたが、1人で話しかけられないようにしている人もいた。

3.筆記試験の様子について

時間がぎりぎりで、全部埋めていない人もいた。

4.集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)

面接官3人。全体で30分。流れについては、待ち時間にグループで話し合って決めていたので、具体的に話すことを絞って討論できた。
テーマ「勉強する意味について」

5. 論作文について(テーマ・文字数など)
なし
6. 個人面接(形式・人数・時間)
なし
7.模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)
なし
8.実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)
なし
9.感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス
一緒に集団討論をしていた人たちと会場で会うとすごく安心できた。「みんなで頑張ろう!」という気持ちになれた。集団討論は1人では練習できないので、仲間と一緒に練習した方がいい。練習した分、態度面で高評価を得ることができる。

1、 受験地名、校種

富山県 中高英語

2.試験会場に入っての雰囲気

全体的にピリピリしていた。しかし、早めの時間に行けば、数人で励まし合うなどして、よい雰囲気づくりができた。

3.筆記試験の様子について

英語科は、全体的に時間不足な感じだった。(最後に時間が足りず、泣いている人もいた)
欠席も4、5人いた。

4.集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)

面接官3人。
課題「『勉強が嫌い』と言う子がいます。勉強の目的とは何かを考え、述べなさい」
まず始めに、部屋に入ってから、受験番号、科目、種目を述べた。

5. 論作文について(テーマ・文字数など)

なし

6. 個人面接(形式・人数・時間)

なし

7.模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)

なし

8.実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)

なし

9.感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス

集団討論は、早めに会場に行き、同じグループの人たちとの関係づくりをしておく必要がある。全員で集まるのがベストだが、少なくても一人一人と話しておく方が集団討論がしやすくなる。ライバルではなく、「仲間!」という心がけで行った方がよい雰囲気になった。

2012年度

中学高校

1人目

1. 中高・数学


2.会場に入ったら教室が一緒だったおわらの人と少し話をするくらいであとは知り合いにあいさつする程度で席について参考書見たりしている雰囲気でした。


3.筆記試験は一般教養教職教養は時間内にすべて解き終わり見直しができるくらいは時間がありました。専門(数学)は、自分はできるところ、見て簡単そうなところからやっていきました。簡単そうな問題を一通りやったところで残ってる中から解けそうだと思った問題からやって時間切れでした。


4.集団討論は自分のグループは数学5人工業3人の計8人でしたが、工業2人が欠席で6人で行われました。まず体育館から課題提示室へ移動し、そこで討論内容が提示され10分くらいは考えるじかんがあり、考えたのち5分で移動の形でした。自分はAさんだったので検査室(討論する教室)の前で受験票を集めて入室の流れでした。
討論の流れはまずAさんから自己紹介をしたのちHさんから1分間の主張を述べて討論が始まりました。内容は「携帯電話」で前に発信した通りで流れは
・子どもの携帯利用による携帯の安全性(インターネット、SNS、個人情報の保護)
・コミュニケーション(家庭内、能力の低下)
他にも色々出ましたが、あまり覚えていないです。
苦労したのは、2つ。
・全員男子だったので明るい雰囲気にするのが難しかった。
・なかなか集団討論の流れを把握できている人が少なかった。
とりあえず大変でしたが、今までの練習はとてもよかったと感じました。


9.感想、気づいたこと
専門教養をもっと勉強しておけばよかった。
おわらだけでなく色々なところで集団討論をしてアウェー感を体験しておくのも大事かなと思いました。

2人目

1.中高・数学 女性


2.みんなで一緒に行ったので安心感がありました。この場を借りますが、みんなありがとう。


3.一般教養は解き直す余裕もありましたが、英語の並び替えが難しかったです、個人的に。オスプレイが答えになる問題もありニュースを見ていてよかった。と思いました。教職教養は直前まで見ていた心理の部分から何問かでました!法規も選択肢があり、出やすい所からの出題でしたが、細かいミスをねらってくるかんじでした。
専門は80分にもかかわらず大問7つ。わからないと思ったものは飛ばす勇気も必要!長野のときに後悔したことを生かし、すべての問題に目を通し解けるものをしっかり解くように頑張りました。時間がたりないのは仕方ないと思いたいです。ベクトル、数列がでませんでした。


4.海外留学について
2人欠席で6人、うち2人が講師の方でした。講師の方がいきなり秋入学についてどう思うかという話を出してきたので苦労しました。
そのあとは
・留学のよさ
・興味を持たせるためにできること
という流れで討論しました。
全体的にふわふわしていたので
もっときゅっとさせたかったなあと感じます。


9.休み時間に友達と会話ができるって素晴らしいと思います。気持ちが落ち着きました。富山の試験は仲間に支えられて頑張れたと思います。ただやはり、専門が難しい!この一言です。

3人目

1.中高・理科 女性


2.検査室の雰囲気は「試験前!」という独特の雰囲気だった。勉強しようとテキストを出すのも迷うくらいの雰囲気だった。試験開始まで緊張した雰囲気だった印象がある。


3. 教養Ⅰはほとんど選択式。問題的には一般教養が8割、教職教養が2割くらい。専門教養に関しては、物理は比較的簡単だった。物理を習った人なら必ず見たことある!という問題ばかり(私自身勉強不足だったので全部は解けなかったが)。隣の席の人は終了5分前にはもう終わっていたので、やっぱり簡単だったと思う。


4.課題提示室で課題が書かれた紙を配られ、考える時間は10分間。面接官は3人。aさんから受検科目・受検番号を言い、所感はh さんから。テーマは「世界の半数以上の国が18歳を成人と定めています。日本において成人年齢を18歳に引き下げることについて、話し合ってください」
・「成人」とはどういうことか。→責任感を持って行動できることetc
・責任感のある人間を育てるためには。
・もし成人年齢引き下げになったら、学校ではどうしていくべきか
という流れでした。最初の方に2回ほど発言し、もし引き下げになったら~と発問もしました。最後の方は少し話がずれ、キャリア教育や体験活動が~というようにみんな話していて、話を戻したかったけどなかなかできず、いざ発言しようとしたときに時間終了でした。
待ち時間の間に全員で話をしていたので、討論はしやすかったです。ほかの人たちは終始メモを取ることに必死で、なかなか目線があいませんでした。姿勢うなずき笑顔には自信があります!


9.筆記試験については、やっぱり専門がカギだと思います。集団面接は、練習あるのみです!無意識のうちに姿勢を正すことができるくらい成長できました。討論の内容だけでなく、討論中の態度もすごく大事なので、たくさん練習してください。

4人目

1.中高・数学 男性


2.会場の雰囲気
受験者は着席して参考書を見ている感じ。
教室は冷房が入ってないと感じた。
朝、雨が降っていたこともあり、教室はジメジメしていた。
長袖&ネクタイで行ったが他の受験者はカットシャツがほとんどだった。
試験監督も『軽装でよい』ことを強調していた。


3.筆記試験
一般教養は昨年と問題の傾向は同じ。国数理社英の5教科型。
英語の長文はなく、会話文の穴埋めと並び替え問題。
教職教養も昨年と同様『心理』と『法規』からの出題。
一般・教職教養は時間(60分)に余裕があるので、見直しができる。
専門教養は
大学2次試験レベル。
80分で大問7題。問題も難しいし、時間が足りない。
昨年と同様、楕円、行列、微分積分が出た。
また、来年の教科書から『数学C』が廃止され『数学Ⅲ』に複素数平面、式と曲線が入いるということで、複素数の問題も出た。
高校時代に複素数平面は習っていないので、大学で習う複素数をしっかり勉強した方がいい。
来年度も、複素数平面、式と曲線は出る可能性が高いと思う。


4.集団面接
(面接官は3人、考える時間10分、討論の時間30分)
課題は
『海外留学』
「高校生の海外留学に関する調査で、「あなたは海外に留学したいと考えますか」という質問に対して「留学したい」と答えた日本の高校生は46%で、米国 (53%)、中国(58%)、韓国(82%)と比べると割合が低いことがわかりました。このことについて話し合ってください。」
中学2年生の頃のホームステイの経験があったのでやりやすかった。
集団討論が始まるまで、1時間半、体育館で待機でした。
討論のメンバーと1時間半たっぷりと話した。
話すときは、aさん、bさんと呼ぶようにしていた。
討論前はリラックスして楽しく話していましたが、
討論が始まると一人の受験者が姿を変えた。
一つの意見に対して、『~は違うと思います。』『議論の方向が間違ってる』など、発言回数が多い上に一回が長い。なかなか議論が深まらなかった。
しかし、最高の笑顔をキープしながら、その方の意見を聞いた。
協調性を大切に討論できたと思う。
どんな人と討論をするかわからない。


9.アドバイス
大学生が講師の方と差をつけることができるのは筆記試験!!
経験から2点述べます。
①早い時期に過去問を解き、戦う相手(傾向)を知る。
私は3年の4月に過去2年分の問題をやった。
傾向を知った上で、計画的な勉強が必要。
例えば、勉強量は
専門教養:教職教養=9:1でやる。
※一般教養はほとんどやらなかった。
②今日から筆記試験の勉強を始める。
4年生になってからは志願書添削、教育実習、大学など、意外と忙しい。
早めの対策を!!

5人目

1.名前 校種・教科
中・高 数学 男性


2.試験会場に入っての雰囲気
私の居た教室はそれほどピリピリした雰囲気は感じなかったです。私の場合、右側が佐々木君、左側が高校の同級生だったので、あまり緊張はしませんでした。


3.筆記試験
教養は時間に余裕がありました。
英語は一応長文対策をしてましたが、出なかったので全体の見直しの時間までありました。
数学はちょっと頭をひねると解ける問題だと思います。
国語は長文が1つ出ました。あとはその中で漢字、熟語問題などが出ました。
理科も基本的な問題だったと思います。
社会は歴史、地理、現代社会、時々問題など幅広い分野から出題されました。
教養教養は全体で2題出ました。
しかし、以前の3題と比べると問題数が少し増えました。


専門の数学は難しかったです。似たような問題は解いたことがあっても時間との戦いと緊張で頭が真っ白になりました。後半は、楕円と軌跡、積分と数列、といった複合問題が多かったです。
また計算量が多く、証明問題もあるので全体的に解答欄が小さいと私は感じました。


4.集団討論
初めに別室で討論内容の紙を渡され、10分で考えたのちに試験会場に移動です。
面接官は3人でした。時間は1人1分の所感を含めて30分です。
内容は、『高校生の海外留学に関する調査で、日本の高校生は他国と比べると希望する人の割合が低いことがわかりました。このことについて話し合って下さい。』です。
討論の内容については、
・海外留学の目的
・なぜ国内ではダメなのか
・海外留学のメリット
などが出ました。
私のグループは、みんなメモばかりとっていました。また、考えがまとまっていないのか1分間の所感を明らかに越えている人が複数いました。そして討論の最後の方で否定的な意見がでて雲行きが怪しくなりましたが、最終的には、1人がまとめてくれて雰囲気よく終わりました。


9.感想
集団討論は絶対に練習すべきです。受検者から見ても、練習の有無が露骨にわかりました。姿勢、目線、頷き、笑顔などはおわらで練習してきて本当に良かったと思います。
また専門教科は時間が足りません。簡単なものは解いて、難しいもの捨てる覚悟が必要です。私の場合、教養、専門を含めて、計算間違いがとても多く、直前で直すことが多々ありました。捨てた問題の分は後で解くよりも、見直しをした方がいいと思いました。

特別支援学校

6人目

1.名前・校種・教科
中学校講師・富山県 特別支援学校B・保健体育


2.試験会場に入っての雰囲気
クールビズを強く推奨された。
ほとんどの人はシャツのみ。ネクタイを付ける人もほぼいなかった。


3.筆記試験の様子について
解答なし。


4.集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など、どの点で苦労したか)
留学希望者の数が、外国人と比べて日本人は少ないことについて話し合った。
1分間スピーチのあと、討論。


5.論作文について(テーマ・文字数など)
解答なし。


6.個人面接について(形式・人数・時間)
なし。


7.模擬授業(テーマ・時間・流れ)
なし。


8.実技テスト
バスケ、バレー、ダンス。
ダンスのテーマは「誕生」


9.感想・気づいたこと、これから受ける人へのアドバイス
筆記のあとすぐに実技なので、体力がかなり必要。
水分を必ず持っていくこと。

7人目

1 特別支援学校・小学部 男性


2.みなさん真剣に参考書を読んでました。先輩がいて近況報告したかったんですが、できる空気でないので控えました。


3.一般教養、教職教養は時間に余裕があります。見直しを最後までするべきです
小学校全科は国語、算数、外国語は比較的優しい印象です。一般教養よりは難しいかも。理科、社会は苦手単元をもったままいって見事的中しました。より浅く広くやるべきでした。他でカバーできることを祈ります。
特別支援は空欄補充が多い。それぞれの障害の定義、病気の種類、学習指導要領解説など。知ってりゃ自信もって解けるし、知らないと確実に解けない。単純明快でした。


4成人年齢の引き下げ
世界の半数以上の国が18歳を成人と定めています。日本において成人年齢を18歳に引き下げることについて、話しあいましょう。
練習してない人はすぐにわかります。試験官に向かって話したり、机を見ながら話を聞いたり。目線と笑顔が、決定的に違います。
1番目に発言できたので、やりやすかったです。私が質問+意見、他7人が意見、というサイクルを3回くりかえして、終わりました。
成人とは何ですか。
18歳に社会的責任がとれますか。
18歳に引き下げたら、どんな権利を18歳の人は得ることができますか。
発言がかたよらず、みんな3、4回いえて、よかったです。


9、前日も集団討論したのがよかったです。直前までやれることをやることが大切だと思います。

サイト内の情報の無断転載を禁止します。
また、リンクを張る場合は、「採用試験突破ランド」トップページから張るようにしてください。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド