TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/20 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3235370 更新:2015年01月01日

教員採用試験 北海道 1次試験


2014年度

小学校

【受験自治体】
 北海道
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 小学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 とても緊迫感があり,楽しかった
【筆記試験の様子について】
 みんな筆記をがんばっていた。

【受験自治体】
 北海道
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 小学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 ○1次試験→釧路工業高校
        今年から(?)教育大生は基本連番になっているため、周りの人は顔見知り。
        ほぼ同性の受験教室になっている。地域枠などの特別枠受験者はその枠同士での受験教室となっている。

【筆記試験の様子について】
 ○1次試験…教職教養検査→専門検査Ⅰ→(特別支援学校受験者の専門検査Ⅱ)の流れで行われる。高校の定期テストと同じように、ギリギリまで参考書やノートなどを見返す時間がある。

中学校

【受験自治体】
 北海道
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 工業高校が会場でしたが,会場前にもかかわらず多くの人がおり,勉強する人,話している人が2:8くらいいました。
【筆記試験の様子について】
 受験区分ごとに教室を分かれ,少ない人数での試験でした。マークシートで,全員落ち着いており試験監督が記入ミスを見ていました。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 会場入りは急がなくてもよい

2013年度

小学校

【受験自治体】
北海道
【校種】
小学校
【枠】
一般
【試験の区分】
1次試験
【試験会場に入っての雰囲気】
センター試験のようだった。
【筆記試験の様子について】
周りの人が私服で落ち込んだ。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
なし。
【論作文について(テーマ・文字数など)】
なし。
【個人面接(形式・人数・時間)】
なし。
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
なし。
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
なし。
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
一次は本当に勉強するだけという感じがした。

1.北海道札幌市(1次試験)

2.全体的に緊張感はありませんでした。受験者の半数以上は私服できており、筆記だけとはいえど試験なのに、これはどうなのか…と疑問でした。
友人や高校の先生に聞いてみても同じような反応でした。やはりスーツで行った方がいいと思います。(恐らく私服の大半は札教大や旭教大だと思います)

3.(一般:教職=1:1)
一般教養は、問題集をやりましたがやはりそれと同じような問題が出るということは少なく、参考程度にしかなりませんでした。オリンピックに関してなど、時事問題も多く出題されていました。

教職教養に関しては、出ている分野は違えど、レベル的には千葉などとあまり変わらなかったように思います。

専門教養では国算理社英家音技生など幅広く出るので、全教科万遍なく勉強しておくことが必須でした。(ここで国算理社英にばかり力を入れ、他を疎かにしたのが失敗でした…)
個人的には理科が苦手な物理や天文分野が出たりと、難しかったです。
音楽では楽譜からどの学年の共通教材か、記号について、技術はのこぎりの種類や切り方の特徴など、細かく出ました。

9.全教科出題で、範囲がものすごく広くなったように感じるかもしれないですが、やはり基本は学習指導要領です。そこから、問題集などを利用して、各教科につなげていけるとよいと思います。

2012年度

小学校

1人目
1.小学校


2.試験会場に入っての雰囲気
 試験会場は2階と3階、
 男女別、志望校種別で教室に分かれて座る。


3.筆記試験の様子について
 午前は一般教養20問、教職教養20問の合計40問、マークシート
 午後は、専門試験50問マークシート


8.実技テスト
 2次から、ジグザグドリブル、水泳クロール25m,
 ピアノバイエル自分で選択を1曲、小学校歌唱教材から面接官で指定された1曲


9.感想、気づいたこと、これから受ける人へのアドバイス
 1次の服装はスーツでなくても良し。

2人目 小学校


1、会場の雰囲気
 緊張感がある人、ない人がはっきり分かれていました。スーツの人が多く感じました。また、長い昼休みでは、勉強している人が多かっ たです。少数派、公園で弁当を食べながら談笑していました。友人と再会し、話している人もいました。


2、筆記試験
 試験中、紙が風で飛ばないように、全窓閉められていて暑かったです。午後の試験は、勉強をかなり深いところまでしていなければ、 二択までしぼられても、そこからは運任せになります。なので、深く広くする勉強を1年以上前から始めた方が良いです。


3、これから受ける人へのアドバイス
 欲を捨てることが合格につながると思います。私自身、欲に負けていた部分があるので、本気になる場合、逃げ道を全て断つことでや るしかなくなります。受験している会場内で知り合いと話すのは終わってからの方がお互いのためになります。

中学校

3人目

1.受験地名、校種>
都道府県名 北海道 (特) 教科名(小学部)


2.試験会場に入っての雰囲気
大半の受験生は、直前まで勉強をしていた。中には、知り合いと近況報告について話している姿も見られましたが、全体的にピリピリとした空気が感じられました。


3.筆記試験の様子について
 教養科目専門科目ともにマーク式でした。教職教養は広く浅い知識が問われました。専門科目では、小学校全科は、一般的な問題、 学習指導要領ともに広く浅い知識が問われました。


5.論作文について(テーマ・文字数など)
北海道は、論作文の代わりに教科等指導法が出るそうです。


6.個人面接(形式・人数・時間)
形式は、自己推薦書について→場面指導の流れです。
試験官は2名、時間はそれぞれ5分程度です。


7.模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)
テーマは、試験官から出題されます。主に国語・算数です。
時間は、構想時間13分、模擬授業10分、質問3分程度です。


9.感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス
私もまだ詳しいことはわからないですが、道教委のHPに詳しい要項が載っています。チェックしておとよいです。
1次は、過去問と照らし合わせながらでそうな部分を勉強すればよかったと感じました。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド