TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/07/22 現在)

21480
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7783804 更新:2014年10月27日

算数科 6年生 「6,単位量あたり」  第1時(啓林館)


単位量あたりの大きさを学習する

○7/5(月)
1時間目の授業。(啓林館上 教科書64ページから66ページまでである。)
『日付、ページ64~66、⑥単位量あたりと書けたら書けましたと言いなさい。』
『お隣と確認しなさい。』

『教科書の64ページを開けなさい。』
『お隣と確認しなさい』

『木の葉を読みます。』

教師が一度読む。続いて子どもに読ませる。
このとき、表も教師が読み、子どもにも読ませる。(以下のように)
「畳の数A室10枚、子どもの数A室6人、畳の数B室10枚・・・・・。」

『アを読みます。』
教師が一度読む。続いて子どもに読ませる。

『先生と同じように教科書の表を指で隠しなさい。』
と言って、C室を隠すように指で表を押さえる。
『もう簡単だよね。どちらが込んでいますか。』「A室です。」
『どうして?』「BよりもAの方が人数が多いから。」
『なるほど。ではイを読みます。』
教師が一度読む。続いて子どもに読ませる。

『先生と同じように教科書の表を指で隠しなさい。』
と言って、A室を隠すように指で表を押さえる。
『もう簡単だよね。どちらが込んでいますか。』「C室です。」
『どうして?』「BよりもCの方が畳の数が少ないから。」
『なるほど。では鉛筆君を読みます。』
ここで読ませた後、表のB室を隠すように指示する。
『わかる?』「わからない。」
『今日はこれを勉強していきます。』

『教科書の65ページの1を読みます。』
教師が一度読む。続いて子どもに読ませる。
『かずお君とけい子さんのやり方があります。今日はかずお君のやり方をします。』

『アを読みます。』
教師が一度読む。続いて子どもに読ませる。
ここで板書で畳一枚あたりの人数と書いて
『何を求めるのですか。』「畳一枚あたりの人数です。」
『Aは、畳一枚あたり何人ですか。』「0.6人です。」
『式はどうなりますか。』「6÷10=0.6です。」
『どうして分かったの?』「教科書に書いているから。」
『ところで6って何のことですか。』「子どもの人数です。」
このとき、式の下に言葉を書く。(板書1)

板書1 畳一枚あたりの人数
     式 A   6     ÷10=0.6
            ↓
         子どもの人数

『10って何のことですか。』「畳の数です。」
このとき、式の下に言葉を書く。(板書2)

板書2 畳一枚あたりの人数
     式 A   6     ÷   10    =0.6
            ↓         ↓
         子どもの人数 ÷  畳の数

『0.6って何のことですか。』「畳一枚あたりの人数です。」

このとき、式の下に言葉を書く。(板書3)

板書3 畳一枚あたりの人数
     式 A   6     ÷   10    =0.6
            ↓         ↓       ↓
         子どもの人数 ÷  畳の数   =畳一枚あたりの人数

『Cは、畳一枚あたり何人ですか。』「0.625人です。」
『式はどうなりますか。』「5÷8=0.625です。」
『どうして分かったの?』「教科書に書いているから。」
『式と答えを写します。前を同じように写しなさい。』(板書4)

板書4 畳一枚あたりの人数
     式 A   6     ÷   10    =0.6
            ↓         ↓       ↓
         子どもの人数 ÷  畳の数   =畳一枚あたりの人数
            ↑         ↑       ↑
        C   5     ÷   8     =0.625

『先生に続いて教科書を読みます。』
『畳1枚あたりの人数が多いほど込んでいると言えます。さんはい。』
『どちらが込んでいますか。』「C室の方が込んでいます。」

『2を読みます。』
『B室の畳1枚あたりの人数を求める式と答えを書きなさい。』
『書けたら持っていらっしゃい。』1名、指名して答えさせる。

問題3教師が一度読む。続いて子どもに読ませる。
続いてアを教師が一度読む。続いて子どもに読ませる。
このとき、1㎡あたりのジャガイモのとれ高は何kgと書く。
『何を求めるのですか。』「1㎡あたりのジャガイモのとれ高は何kgかです。」
『みのるさんのとれ高を求める式と答えをノートに書きなさい。』
『答えを言いなさい。』「63÷50=1.26 こたえ1.26kgです。」
『63の単位は何ですか。』「kgです。」
『50の単位は何ですか。』「㎡です。」
『1.26の単位は何ですか。』「kgです。」(板書5)

板書5 1㎡あたりのじゃがいものとれ高は何kg
     式 みのる   63(kg)÷50(㎡)=1.26(kg)

『ゆたかさんのとれ高を求める式と答えをノートに書きなさい。』
『答えを言いなさい。』「108÷80=1.35 こたえ1.35kgです。」
『108の単位は何ですか。』「kgです。」
『80の単位は何ですか。』「㎡です。」
『1.35の単位は何ですか。』「kgです。」(板書6)

板書6 1㎡あたりのじゃがいものとれ高は何kg
     式 みのる   63(kg)÷50(㎡)=1.26(kg)
        ゆたか  108(kg)÷80(㎡)=1.35(kg)

『どちらがよくとれたのですか。』「ゆたかさんです。」
問題4教師が一度読む。続いて子どもに読ませる。

このとき、1㍑あたりの自動車の走る距離は何kmと書く。
『何を求めるのですか。』「1㍑あたりの自動車の走る距離は何kmかです。」
『AとBの自動車の1㍑あたりの自動車の走る距離を求めなさい。』
『式、筆算、答えが書けたら持っていらっしゃい。』
式1名、筆算1名、答え1名を指名して答えさせる。

最後に計算スキル31の問題をして授業を終える。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド