TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/10/16 現在)

21530
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3294896 更新:2014年10月20日

のはらうた 実践記録


 詩人の工藤直子さんが、野原の生き物(自然)になりきって書いた詩である。
 読んだ瞬間から、子どもたちは、楽しそうだ。
 (とくに、かまきりりゅうじの詩が。)

 音読のあと、作者と話者(語り手)の違いを押さえた。

発問1:

話者は誰ですか。作者は誰ですか。

 作者は工藤直子さんだが、話者は、池、すみれ、かまきり、からす、小川、切り株である。擬人化した語り手だ。

 その後、工藤直子さんののはらうた詩集から、教科書に載っていない詩をいくつか提示して、話者は誰なのか子どもたちに当てさせた。
 詩の中の言葉を根拠に、話者が誰なのかを推定する。
 
 提示した詩は、以下の4つである。

 
 ・じゃんけんぽん  (『のはらうたⅠ』より)
 ・こんなときこそ   (『のはらうたⅠ』より)
 ・うみとそら      (『のはらうた わっはっはっ』より)
 ・あいさつ       (『のはらうたⅠ』より)
    

    ※以下、上記の詩をご覧になってからお読みください。

【じゃんけんぽん】 

 話者は誰か尋ねると、子どもたちからは、以下のような意見が出た。

  ・ざりがに   
  ・はさみ
  ・かに                    

 ある子から、家の中にあるはさみは、不自然だろうという意見が出た。
 また、別の子からかには海にいるので、もみじとじゃんけんできない、という意見が出された。
 そうすると、ざりがにという意見が残るが、海じゃないとかにはいないであろうか。
 ある子が「さわがに!」と答えた。
 正解は、さわがに。「さわがによしお」である。

【こんなときこそ】

 話者を尋ねて、子どもたちから出た意見。

  ・くも  
  ・土  
  ・犬  
  ・もぐら  
  ・くま  
  ・ねこ                

 「けがわはつやつや」という言葉から、すぐに、くもや土は否定されたが、その後は意見が割れた。
 説得力があったのは、 「つちのひこうきぐも」ができるのは、もぐらが掘ったあとだという意見。
 クラスの多く子が納得した。
 正解は、「もぐらたけし」である。

【うみとそら】

  話者を訪ねて、子どもたちから出た意見。

  ・貝  
  ・魚  
  ・かめ  
  ・いそぎんちゃく  
  ・くらげ              

 「魚は、すでに書かれているので違うと思います。」
 「いそぎんちゃくや貝は、沈んでいるので違います。」
 「うかぶのは、くらげだけです。」
 討論の結果、3名がかめだと主張しましたが、残りは全員、くらげに。
 正解は、「くらげはるお」である。

【あいさつ】

  ・犬   
  ・へび   
  ・ねこ   
  ・きつね                 

 子どもたちが最も迷った詩である。
 始めは、へびに対して否定的な意見「しっぽが」「はきはきしていない」「かっぱつじゃない」が出されていたが、
 後半、「むこうの草むらしっぽが見えるのは、へびしかいない」という意見、
「草むらに住んでいるのはへび」という意見が出され、最終的には16名の子がへび派になった。
 正解は、「へびいちのすけ」である。

 この授業の後、「自分も野原の仲間になって詩を作ろう」という詩作りの活動を行った。

 どんな生き物が考えられるのかをみんなで出し合った後、ワークシートで次のようなことを尋ねてイメージを広げた。

 「どんな生き物ですか」
 「男(オス)ですか、女(メス)ですか」
 「人間で言うと何才ですか」
 「どんな性格ですか」
 「体のとくちょうは何ですか」
 「何が見えますか」
 「どんな願いをもっていますか」

 子どもたちは、楽しみながら詩を作った。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド