TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/02/21 現在)

21467
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1133223 更新:2012年12月12日

血液の流れを観察しよう


2004年1月18日 一部改訂

【 準備物 】
1 顕微鏡。学校にあるだけ全部またはグループに一台程度。
2 メダカ。顕微鏡の数だけ。メダカをリリースするための水槽(小さくて持ち運びできる物。図工の水入れなどでも可)
3 ガーゼまたは傷口綿(綿の両サイドをガーゼで覆うタイプのもの)
  2002年の教科書にはメダカを小さなポリパックに入れるように指示してあるが、ポリパックに密閉するよりも、
  ガーゼをかけて水が空気に触れるようにしておいた方がメダカは死なない。 
  (TOSS中学理科の小森栄治氏によれば、ドジョウならポリパックでもある程度の時間耐えられるという。
   また、ドジョウは、食用として生きたまま鮮魚点で売られている。
   なるべく小ぶりの個体を選んでポリパックに入れて見てみると良いと思う。)
4 できればビデオでメダカの血流を観察している場面があるもの

説明1:

血液は酸素や養分などの「体に必要なもの」と二酸化炭素のような「体に必要でないもの、いらなくなったもの」の二種類を運んでいるのです。
では、ビデオを含めて三つ観察をしてみます。

【観察1】人間の脈拍を調べる

指示1:

右手の人指し指と、中指をくっつけて「二本指」を作りなさい。
自分の喉仏のあたりを二本指でそうっとさわりなさい。
少しずつ首の後ろの方へ指をずらしなさい。ごりごりと固い筋肉に当たったら少しずつ戻りなさい。
喉仏と、ごりごりの間の柔らかい部分に脈を感じる場所があるはずですからさがしなさい。

説明2:

脈が触れましたか?これが頸動脈といって、脳に酸素や養分を運んでいる血管です。
(本校には発光ダイオードの点滅と音で脈を見ることができる心拍計があったので、これを使って見せた)
このほか、手首の付け根でも脈は触れることを確かめた。 

【観察2】ビデオを見る

指示2:

古いビデオですが、実際にメダカの血管を血液が流れているのを観察したものです。
見てごらんなさい。このように、尾びれの骨の上下(両脇)に血管があり、血球が移動しているのがわかりますか?

※ このようなビデオが無い場合、教科書の25ページの写真で「骨の上下の部分が血管である」ことを押さえる。
   この説明をしておかないと、せっかく観察しても、「どこが血管なのか」がわからない。
   メダカを弱らせたり、死んだりさせないために次の観察はスピーディーにやらなければならない。事前説明は不可欠である。

【観察3】メダカの尾びれを観察する

指示3:

班に一台、顕微鏡を用意しました。あんまりノロノロやっているとメダカが弱ってしまいます。
一人一分程度で見てください。
骨の両脇(上下)に血管があります。
見終わったら、ノートにみたことを図で書いていなさい。

メダカを水から出すと暴れる。スライドグラスに載せて、上からよく湿らせた(水がしたたるぐらい)ガーゼや脱脂綿を欠けると落ち着く。
手早く観察する。倍率は×150ぐらいが適当と思われる。
その班の全員が観察し終わったら、すぐにメダカを水に戻す。

※ 善能寺正美氏は、「ファインダー付きビデオカメラ」を使ってこの観察をする方法をMLで紹介された。
 あらかじめ、顕微鏡のピントを合わせておいた状態で、ビデオカメラのレンズを、顕微鏡に当ててビデオのピントを調節する。
 ファインダーを子どもから見やすい角度にすると、班の全員が一度に観察できるという。

指示4:

席に戻った人から、かんたんに図を書き、見てわかったこと、思ったこと、気づいたことをノートに書いていなさい。

時間があれば数名に発表させる。(私の場合は発表する時間はとれなかった)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド