TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/07/25 現在)

21403
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7294515 更新:2014年08月30日

理科・基礎基本の定着 【3】 概念があって、言葉がある 〜水溶液2


理科・基礎基本の定着 【2】 概念があって、言葉がある 〜水溶液1 の続きである。

水溶液C(青マーク)と、水溶液D(緑マーク)を用意する。

教科書は見せないでおく。

① 見た目で観察させる。

  どちらも、定義どおり「無色透明」である。

② においの有無を調べさせる。

ただし、片方ずつ。
   まずは青マークのCから。
   これはにおいはない。

  つぎに、緑マークのD。
  ただし、においのかぎ方はきちんと教えておく。
  いきなり、鼻をつきだしたら失神してしまうかもしれないから。

  しかし、当日はかなり気温が低く、理科室は北向きなのでさらに気温が上がらず、におう、という子と、わからない、という子に分かれた。

  こういうときは、あせらない。
 試験管を手で握らせて、液温を上げるのだ。

  じゃあ、もう一度。

  今度は「臭ってきた」という子が半数を超える。
  念のため、と言って、においを感じない子を集めて、ビーカーに入れた1:14のアンモニア水(子どもにはまだ内緒)を嗅がせる。

 「来た!」
 これで、ようやく全員、アンモニア水の臭気の洗礼を受けた。

 で、しつこいわたしは「何のにおいに似ているか?」と問う。

 田舎なので「ばあちゃんちのトイレの臭い!」と言う子がいる。
 まれに「いいにおい」という子もいる。

③ 青マークの方を蒸発させる。

  白い粉が残る。
   「みんながよく知っている粉だ」と持ちかける。

  砂糖? 違うよ。
  デンプン? あれ、デンプンは水に・・・・・・
  そうか。デンプンじゃないね。水に溶けないもの。と子どもたち。

  放送委員会の人、手を挙げなさい。 君たちには縁がない。
  図書委員会の人、手を挙げなさい。 君たちも、縁がない。
  飼育栽培委員会の人、手を上げなさい。君たちは少し関係がある。

  ここで、「肥料?」と言う子がいた。 鋭い!とほめる

  体育委員会の人、手をあげなさい。 君たちには・・・・・・深く関係がある。

  ここで子ども達は叫んだ。「わかった!」
  これは、何? と教師。
  「石灰だ!」と子ども達。

  そのとおり。これは、石灰水。

④ いよいよ、Dの水溶液を蒸発させる。

 蒸発が始まったら、用心深く臭いを嗅がせる。

 「キターッ!」と子ども達。
 中には、「感じねぇ」と言う子もいるので、蒸発皿から10㎝ぐらいのところで手で数回あおいで嗅がせる。

 「ンッ」と言って絶句する。来たのだ。においが。

⑤ Dの水溶液は何も残らない。

  また、迫る。「何も残らないのだから、何も溶けていなかったんだよね?」

 子どもは言い返す。
 「蒸発させるとき、においがした。何も溶けていないのなら臭いはしないはずだ。だから何かは溶けている」

 「でも、何も残らないじゃないか!」

 「・・・・・・・・」

 次の言い方で反論してみなさい。

 「もしも、○○が溶けていたのなら、蒸発させても何も残らない、ということのつじつまが合う」

 ここで、液体が溶けていたのなら、と言った子がいた。
 おおいにほめる。

 ただ、液体は液体に「溶ける」とは言わないんだよ。
 液体と液体は混じる、と言うんだ。

 ここまで言ったときに、「あっ!わかった」と言った子がいた。

 「もしも、気体が溶けていたのなら、蒸発させても何も残らない、ということのつじつまが合う」

 なるほど。
 そうすると、溶けていた気体はどうなったんだ?

 「空気中にでて行った。」
 「それで臭うのか・・・・・・・」

 なあるほど。期待に沿った答えだな。(爆笑)

 その可能性は高まったようだ。じゃあ続きはこの次ね。

 と、まだまだタネ明しはお預け。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド