TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/20 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8577929 更新:2014年08月29日

電磁石の導入


発問1:

まず、豆電球を点灯させる。
豆電球に明かりがついた、ということは、電気が何に変わったのですか?

電気が光に変わった。と、子どもたちは答える。

発問2:

 それでは、その逆はできるのか。
 光を電気に変える。
 これは、4年生のときに学習したね?。

光電池だ、と答えるので、100W電球を使って、光電池でモーターを回して見せる。

発問3:

乾電池につなぎ替えて、+極と-極を逆につなぐとどうなるのですか?

 回る向きが逆になる。と、4年生のときの学習を思い出す。

発問4:

 さて、モーターが回るということは、電気が何に変わったのか。

さまざまに表現された答えが出るが「運動」あるいは「力」ということで押さえる。

発問5:

 そうすると、力⇒電気という変化はあり得るだろうか。

子どもたちはある、と答える。

 ここでゼネコンの出番だ。
 手回し(つまりは人の力)が電気に変わることを体験的に理解する。

 そして、このあと、モーターにクリップを近づけさせる。
 すると、クリップが引きつけられる場所がある。

 つまり、モーターには磁石が入っているのだ。

 ということは、電気と磁力は関係がありそうだ、ということになる。
 ここまでが、導入の1時間で、楽しみは次の時間のためにとっておく。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド