TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/09/26 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9558285 更新:2014年08月23日

視写で静かに授業を始める


視写を高校国語の授業はじめに取り入れた。
生徒に休み時間と授業時間のけじめをつけさせ、落ち着いた状態から授業を始めたい。
説明が要らず、どの生徒も落ち着いて学習できる授業はじめである。

視写教材には教科書教材を使う。
400字詰め原稿用紙の左半分(200字分)に文章を打ち込む。
右半分の200字分は空けておく。ここに生徒が文章を写して書く。
授業開始のチャイムが鳴るのと同時に用紙を配り始める。

指示1:

写し書きをします。左側の手本をそのまま書き写しなさい。7分間です。

生徒はすぐにとりかかる。中には早さだけを求めて書こうとする生徒がいる。
そんな生徒のためにすぐに指示を出す。

指示2:

競争ではありません。ていねいに書き写しなさい。

7分間書くことに集中させたかった。
黙っていると乱暴に書く生徒が多い。ていねいさを優先させた。

「写すだけでいいの?」と生徒。
「はい」
質問には笑顔で答える。
することがはっきりしているので、生徒たちはすぐにとりかかる。

授業開始のときまでにぎやかにおしゃべりしていた生徒が、原稿用紙に向かっている。
クラスの中がシーンとしている。
視写のあとも落ち着いて授業に入ることができる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド