TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/06/29 現在)

21421
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1099680 更新:2014年08月09日

向山実践研究 (全集1)


向山洋一全集 1巻 に掲載されている実践

『三角形の面積 発展問題』

全集1 P37

__________

三角形ABCが24㎝2のとき、斜線部分の面積はいくらか。(図1)

__________

まず、図2の問題をさせる。

____________

次に、図3、そして図4。

一見難しそうな問題だが、分解してみると易しい問題を3回ほど繰り返したにすぎない。

「教える内容を簡単な原理にせよ」
「簡単な原理を重ねて応用問題を作れ」という授業の原則に基づいている。

『運動会 「審判」の担当の指導』

全集1 P52

徒競走で、着順を判定して旗に並べる仕事について、
児童分担、動かし方等仕事の組み立て方について詳しくある。

①きちんとした児童数を希望する。5年18人 6年18人
②各学年6回の徒競走に、5年が3回 6年が3回担当する。
  プログラムの事情によって分担は自ずと決定される。
③18名は6名ずつの3つの班、A、B、Cに区分される。
 3つのうち、2つの班は「着順判定」 2つの班で交代。
 3つめの班は、テープ持ち、並べたり座らせたりする役。
④運動会前、打ち合わせは1回。20分程度。
⑤打ち合わせにはプリントを持って行く。B4 1枚。
 半分に仕事内容。半分に表が作ってある。
 仕事の説明は、一通り説明して、大切なことを強調する。
⑥自分の担当を表に記入させる。
 全員書いてあることを確認する。(理科ノートみたい)
 提出用を1部余分に作らせる。
⑦当日の仕事。
 徒競走の着順指名の仕事をしながら、子どもたちに仕事のやり方を整えていく。
⑧終了して次年度のためにファイルする。

全体の動きを配慮しながら、仕事を作り上げていく。

『学年漢字コンクール』

全集1 P87

熟語およそ200。
これを前もって渡して、練習させておく。
漢字ノートに読み方を書かせ、(読みの練習)
読み仮名を見ながら漢字を書かせる。
自分で採点。
間違えた字は、正しく書かせる。
次に、覚えるまでノートに練習。
以上の練習に、2時間。
保護者会で、10問テストを依頼。
学校では20問のミニテスト。
「一問間違えたら、200の熟語を1回書いてもらいます」
20問出題して、ボーナス問題2問を出す。
ボーナス問題を含めて、20問合っていれば合格。
それを3日間行う。

答え合わせは、隣の子どもと。
「きびしく見てください。ただし、バツは先生がつけます。
 間違えていたら、先生のところに持ってきなさい。」
早くできた子から、間違い直し。

子どもが自分で学んでいくシステムを作る。
計算テストも同じ。

『ラジオ体操 手足の運動』

全集1 P97

かかとを上げてはいけない。
かかとを上げては逆効果。
「両手を高く上げてごらんなさい」・・・20点
「天井からひっぱられるように」・・・70点
「もっとひっぱられるように」
さらに
「天井からつり下げられるように」

『きもだめしで、男女の手をつながせる』

全集1 P102

順番待ちをしている列を、10m後方に下げる。
そして、座らせて待たせる。
次に、出発する2人を、谷底への入り口近くへ呼び寄せる。
これで、集団と離れることになる。
2人に谷底の方を向かせる。真っ暗である。
教師は子どもの後ろに立つ。
2人の肩をたたいて、
「もう、絶対うしろをふりかえってはいけません」と言う。
待ち時間は40秒。
「ゆっくり10まで数えなさい」
教師も一緒に数え出す。
「ゆっくり」と「低い声」で数える。
子どもにも「ゆっくり数えなさい」と言う。
10と11の間に、「手をつなぎなさい」を入れる。
そのまま機械的に11と続ける。
みんな、さっとつないだ。

動じない子には、20まで数えて、つなぎなさいとやる。
「えっ。手を。」と声を出す子には、
「みんなつなぎました」と同じトーンで静かに言う。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド