TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/20 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7786107 更新:2014年02月10日

和語の授業8「去年」


「去年」向山学級騒動記より

ねらい
1.読み方によって和語と漢語が変わるものを探す
2.どちらが和語なのか、音読みの特徴から判別できるようになる。

黒板に提示 「去年」

指示1:

読みます。

(きょねん)

発問1:

他の読み方を知っていますか?

(こぞ)

説明1:

すごい、よく知っていますね。和語と言って、昔から日本にある言葉です。「きょねん」と読むと漢語で、「こぞ」と読むと和語になります。今日は、他にもそのような熟語がないか調べていきます。

指示2:

「昨日」これの和語と漢語を書いてごらんなさい。

(きのう)(さくじつ)

発問2:

どちらが和語ですか?

(きのう)

説明2:

その通り。
音読みの特徴は、「河(か)」「左(さ)」など1音か、「回(かい)」「高(こう)」など、「い・う・き・く・ち・つ・ん」の音で終わることです。

指示3:

「いうきくちつん」ノートに書きます。みんなで言います。覚えたら座ります。

指示4:

「初日」和語と漢語の読み方を書きなさい。

(しょにち) (はつひ)

説明3:

「しょにち」と読むと漢語
「はつひ」と読むと和語です。

竹の根本が光る
病気を根本から治す

指示5:

どのように読みますか。読みましょう。

竹の根本(ねもと)が光る
病気を根本(こんぽん)から治す

説明4:

読めますね。日本人は、文脈によってこれを瞬時に判断しています。

説明5:

高島俊男氏は以下のように言います。
これを日本人はほとんど一瞬にして判断し、読み分ける。ほとんど神業としか思えない

和語と漢語の違いが分かると、さらに神業に磨きがかかりますね。これからも勉強していきましょう。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド