TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/25 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7815366 更新:2014年01月13日

気体の同定実験をしよう


 「水溶液の性質」の単元のまとめとして,既習事項を総動員して,5つの水溶液の名前を決める授業である。また,理科支援員とともにT2で行う活用型の授業である。

 ここでは,単元を通して,学習してきた知識・技能を総動員し,実験を通して
 5つの水溶液が何なのかを解明する授業にした。
 小森先生の「気体Xを探れ」の構想追試だった。

まずは,5つの水溶液を用意する。

うすい塩酸,水酸化ナトリウム水溶液,食塩水,酢(酢酸),石灰水。
 どれも無色透明の液体である。

班で5つの水溶液を何か決めるために,既習の中からする実験を1つ決めさせた。

そして,その実験で何が分かるのか,ノートに書かせた。

その後,同じように二番目の実験,三番目の実験というように決めさせ,
 3つから4つの実験ですべての水溶液の名前が決まるように実験計画を立てさせた。

これだけで2時間続きの授業のうち,約30分経過した。
子どもたちには大変だったようだ。

次に,実験させた。

実験器具は,ノートに書いたものしか貸さない。
 班で必死に相談し,ノートを見せに来る。合格した班から実験をする。

 当然,班で実験が違う。

 理科支援員の出番だ。
 私一人よりも圧倒的によい。
 安全への配慮からもそうだ。

 しかし,授業で一度はやっている実験なので,思いのほか,子どもたちには抵抗は少なかった。
 楽しんで実験していた。

 結果,1つの班を除き5つの班すべてが,5つの水溶液の名前を当てることができた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド