TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/19 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1370514 更新:2014年01月13日

ALTとハンバーガーショップの会話


中学校の英語の授業では、新しい単元に入ると、すぐに文字を見ながら発音することが多い。しかし、それでは会話する力はつかない。
TOSS型英会話指導で「聴き話す能力をまずつける」→「それから読み書き指導に入る」べきである。
中学1年生の教科書(NEW HORIZON Book1)にハンバーガーショップの会話がある。教科書に入る前に、文字を使わず音声と視覚情報のみで練習し、スモールステップで、注文できるようにする。(TOSS福岡推薦)

準備:ハンバーガーショップの絵(または写真)、ハンバーガーや飲み物の絵(または写真)

1.状況設定

空腹のところ、ハンバーガーショップを見つける。

I'm hungry...
( ハンバーガーショップを見つける)
Oh, hamburger shop !! Good !!

ALTが店員役をする。

ALT: Hello. May I help you ?
JET: One hamburger and one cola, please.
ALT: Large or small?
JET: Small, please.
ALT: For here or to go ?
JET: For here.
ALT: Here you are.
JET: Thank you .  Oh, I did it !!(成功を喜ぶ)

Now your turn ! Let's practice English together !

2.注文の練習

指示1:

Repeat .
(ハンバーガー1個の絵を示し) one hamburger (one hamburger) ×2
(ハンバーガー2個の絵を示し) two hamburgers (two hamburgers)×2
(コ-ラ1個の絵を示し)      one cola (one cola ) ×2
(コーラ2個の絵を示し)      two colas (two colas ) ×2

2回リピート→1回リピート→生徒だけ と変化して練習させる。

複数形は既習事項だが、念のため、単数形との違いを、はっきりと発音する。
ハンバーガーとコーラを組み合わせた注文の練習をする

指示2:

(ハンバーガー1個とコーラ1個の絵)
one hamburger and one cola, please.
(one hamburger and one cola, please )

pleaseをつけて言う。
ハンバーガーとコーラを組み合わせても、生徒はおおむね言えるので、次の絵からは生徒だけで言わせる。

指示3:

(ハンバーガー2個とコーラ1個の絵)
(two hamburgers and one cola, please,)
(ハンバーガー1個とコーラ2個の絵)
(one hamburger and two colas, please)
(ハンバーガー2個とコーラ2個の絵)
(two hamburgers and two colas, please)

個別にあてて、言えるかどうか確認する。

次に、飲み物の大か小かを注文する練習をする。

指示4:

Repeat.
(大きいコーラの絵を示し)
Large, please. (Large, please.) ×2
(小さいコーラの絵を示し)
Small, please.(Small, please.)×2

2回リピート→1回リピート→生徒だけ と変化して練習させる。
生徒だけで言う時は、
Large or small? と質問をインプットする。

個別にあてて、言えるかどうか確認する。

次に、店内飲食か持ち帰りかを練習する。

「店内飲食」はトレーに乗った絵、「持ち帰り」は袋につめた絵 を使い、何を表しているか一目でわかるよう工夫する。

指示5:

Repeat.
(店内飲食の絵を示し)
For here . (For here .) ×2
(持ち帰りの絵を示し)
To go .(To go .)×2

2回リピート→1回リピート→生徒だけ と変化して練習させる。

生徒だけで言う時は、
For here or to go ? と質問をインプットする。

個別にあてて、言えるかどうか確認する。

3.全体を通して練習する

発問1:

Now let's order ! Are you ready ?

メニュー表を見ながら

ALT: Hello. May I help you ?
生徒: (好きな注文をする)
ALT: Large or small?
生徒: (好きな注文をする)
ALT: For here or to go ?
生徒: (好きな注文をする)
ALT: Here you are.
生徒: Thank you .

Oh, you did it !! Very good !

全員で言った後は、たとえば、男子だけで言わせる、1列だけで言わせる、個人で発表するなど、いろいろなバリエーションで練習する。
積極的に挑戦した生徒は、しっかりほめる。 

 《先行実践》 田上善浩氏:模擬授業 ”Let's eat steak.”         

 《参   考》 齋藤弘美氏:模擬授業 "At a hamburger shop"

         加藤美紀氏:道案内練習
         加藤美紀氏:病院での応答


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド