TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/04/18 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7155603 更新:2014年01月13日

6年 「変わり方を調べよう」(東京書籍 下巻 P44)2007年度


指示1:

男の子と女の子が水を入れている絵があります。指で押さえなさい。

発問1:

あと、何分くらいで、水をとめようか。(時間と水の深さとの関係を調べればいい)

指示2:

P45、一番上の時計を指で押さえなさい。お隣さんと確認。

テキストを記入し指で押さえていない子どもがいたので、全員押さえるように言いました。
「1分後、2分後、3分後、4分、5分、6分後まであります。」

指示3:

1分後(指で押さえさせる)。少し水が入りました。

指示4:

2分後(指で押さえさせる)。ちょっと増えました。

指示5:

3分後、4分後、5分後、6分後。水がだいぶ増えましたね。
(順に指で押さえさせながら確認していく)

発問2:

1分後、深さは何cmですか。(4cmです。)

指示6:

物差しの下に4cmと書きなさい。

どこに書いたらよいのかわからない子どもがいました。
 時計のすぐ隣に「水の深さ」を書くと時間と水の深さの変化が見やすくてよかったです。

発問3:

2分後は、何cmですか。(8㎝です。)

指示7:

書きなさい。

最初に「ものさしの下に書く」と言っていたので、「書きなさい」の指示だけで子どもたちは書いていました。

発問4:

3分後は何cmですか。書けたら持ってきなさい。 

持ってきた子、先着10名に○をつけました。後は座らせて、発表させました。「答えは何cmですか。(12cmです。)」
「そう、12cmなんだね。すごい!よく分かったね。

指示8:

赤鉛筆で○を書きなさい。

指示9:

4分後、5分後、6分後も書きなさい。書けたらエンピツをおきます。

ほとんどの子が書けていました。
書けなかった1名には、赤鉛筆でうすく書いてなぞらせました。

指示10:

赤鉛筆用意。あってたら○を付けます。

「4分後は、16cm。5分後20cm。6分後24cm。」
「全部あってた人。よし。」

指示11:

P44☆1の表を指で押さえなさい。「お隣と確認」

「上の段は「水を入れる時間」です。下の段は「水の深さ」をあらわしています。」

発問5:

1分の時、水の深さは4cmです。2分のとき、何cmですか。(8cmです。)

指示12:

書いておきます。

指示13:

同じようにして表を完成させます。書けたらエンピツを置きなさい。

1つやれば、あとは同じパターンなので、みんな書くことができていた。

指示14:

教科書の表をそっくりそのままそっくりそのまま写します。
まず、枠だけ書けたら持ってきなさい。枠だけですよ。

枠をまず正確に書くように言いました。
枠を板書する。

指示15:

できた人は、言葉と数字も入れなさい。

もってこさせて○をつける。
枠をチェックしていたので、スムーズに書けていました。
早く終わった子ども5名に黒板に表を書かせました。

授業するにあたって

教室で授業をする前に、サークルで模擬授業を検討していただきました。
検討の結果、今までいかに説明が多かったかに気づかされました。
今までの授業では、あれこれ説明していると「だれてきたなあ」と感じることが度々ありました。
ですが、本授業では「書きなさい」という一言でスッと子どもたちが書き始めました。
言葉をいかに削るか、その大切さを学びました。
やはり、サークルでの模擬授業は鍛えられると思いました。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド