TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/22 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5612419 更新:2012年12月13日

わたしたちの暮らしと電気 エネルギー源の移り変わり


誰でもできる楽しい理科授業  東京書籍版 2012

6年「わたしたちのくらしと電気」 (2)エネルギー源の移り変わり 

Logo-2001__1_

       作成者 TOSS福島アンバランス 大堀 真     福島メーリングリスト推薦 

【 準備物 】

 グーグルの画像検索で次の画像をダウンロードし、A4に印刷しておく

Aグループ  ① 馬車 ②木炭バス ③ガソリン車 ④電気自動車(日産リーフ)

Bグループ  ①火が燃えている暖炉、② 石炭ストーブ ③ 石油ストーブ ④ 電気ストーブ

Cグループ  ① 鉄道馬車 ② 蒸気機関車 ③ ディーゼル機関車 ④ 電気機関車(または電車)

発問1:

(Aグループの写真4枚をマグネットで順不同に黒板に貼る)

  4枚の写真を 時代が古い順に並べなさい。

児童1人を指名して、黒板上で並べ替えさせる。

 反対意見、別の意見があれば、修正させる。
 ①⇒②⇒③⇒④の順であることを確認する。

発問2:

馬車は何の力で動きますか   ⇒ (馬の力)

 写真の下に「馬( 動物・自然  )」の力と板書する。

このバスは何の力、(燃料)で動きますか ⇒ 炭 (本校の児童は福島県立博物館で木炭バスを見たことがある)

この車は何の力、(燃料)で動きますか ⇒ ガソリン (石油 と板書)

よくできました!

 ※ わたしは、次にBグループを並べ替えさせたが、Cを先にやるほうがいい。

発問3:

 (Cグループの写真をマグネットで順不同に黒板に貼る)

  4枚の写真を 時代が古い順に並べなさい。

児童1人を指名して、黒板上で並べ替えさせる。

 反対意見、別の意見があれば、修正させる。
 ①⇒②⇒③⇒④の順であることを確認する。
 

発問4:

鉄道馬車は何の力で動きますか           ⇒ 馬(自然)の力 

蒸気機関車は何の力、(燃料)で動きますか     ⇒ 石炭 

ディーゼル機関車は何の力、(燃料)で動きますか  ⇒ 石油

この時の板書は以下のようになる

 Aグループ  ① ⇒②  ⇒③ ⇒ ④。
        自然  石炭  石油  電気
 Bグループ  ① ⇒②  ⇒③ ⇒ ④。

 これを見て、「あ、わかった」「そういうことね」という児童が出る。

発問5:

(B グループの写真をマグネットで順不同に黒板に貼る)

  4枚の写真を 時代が古い順に並べなさい。

児童1人を指名して、黒板上で並べ替えさせる。

 反対意見、別の意見があれば、修正させる。
 ①⇒②⇒③⇒④の順であることを確認する。

この時の板書は以下のようになる

 Aグループ  ① ⇒②  ⇒③ ⇒ ④。
        自然  石炭  石油  電気
 Cグループ  ① ⇒②  ⇒③ ⇒ ④。
 Bグループ  ① ⇒②  ⇒③ ⇒ ④。

発問6:

 人類が使った最初のエネルギーは「火」(自然エネルギー)だった。
     およそ1万年前のことだと言われています。

      その後、次・次・次とエネルギー源が変わりました。
      どう変わったのか、ノートに書きなさい。

  ※発表させる

  自然エネルギー ⇒ 石炭 ⇒ 石油 ⇒ 電気 という答えがでるだろう 
 (しっかりほめる)

説明1:

  自然エネルギーから、人類のエネルギー源は三段階の変化をしてきました。

 1 石炭の利用によって、蒸気機関という「天候や立地条件に左右されずに
   大きな力を生み出す装置」を人類は手に入れました。
  イギリスで起こった産業革命です。
  18世紀中頃のことです。

2 20世紀になると、石炭から石油にエネルギー源が変わりました。
  液体の石油なら、ポンプで移動させることができたり、
  タンクに閉じ込めて保管したりできるからです。

発問7:

電気は、石油や石炭と比べて、どこが便利ですか

     電気が便利な点、と書いて。
     箇条書きで書きなさい。

重さがない、コンセントに挿せば使える、石油タンクがいらない、
火事になる心配が少ない、などなどが出されるだろう。

 ※ このように、エネルギー源は、より取り扱いが楽で、
  より便利なもの、より安全なもの、より経済的なものへ移行してきた。
  今、石炭ストーブや、馬車がほとんど使われていないように、
  主流のエネルギー源が以前のエネルギー源に戻ることはないことを押さえる。

発問8:

電気を使う量は今後増えると思いますか、減っていくと思いますか。

意見をすべて発表させる。

 ※わたしは、この後、エネルギー授業スキルの「1年間で一番電気を使う月、一日で一番電気を使う時間」のワークシートを実施して45糞の授業に組み立てた。

これだけで、45分の授業にするか、他のユニットと結合して
45分の授業にするかはそれぞれで考えて実施してください。

このサイトは著作権フリーではありません。リンクについてはお問い合わせください。

- (C)Two-Way Makoto Ohori All right reserved. - 


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド