TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/24 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1235095 更新:2012年12月13日

そのままの君で(松井孝夫 作詞・作曲) の指導法 


卒業を控えた生徒の心情にぴったりです。簡単で、すぐ歌えるようになります。コンクールでも生徒達は大好きです。
歌詞の意味を考えて、気持ちを込めて表現しましょう。

1. 初めの4分休符で、みんないっしょに息を吸う。

吸う音が聞こえるくらい、たっぷりと。

2. 「約束しよう」の「やー」は、口を開けて、クリアな発音で。

この第1声にすべてを懸けるくらい大切に。
「ya」の前に「i」をつける感じで「iya」と歌っても良いが、くどくてわざとらしい感じにならない程度に。

3. 息をたっぷり吸って「ぼくらはーいつまでも」は、必ず一息で歌う。

「はー」もしっかり口を開けて、声を前に出す。放っておくと必ず「ぼくらは/いつまでも」と切って歌う。私的には絶対ダメ。ここでひとつの聴かせどころ。

4. 「仲のいい」も「いい」の2つの音を「滑り台のように」ではなく「階段」のようにはっきり動いて歌うこと。
5. 「新しい/風に/吹かれて/心なびくとき/きっと/君を/思い出すよ」

漠然と歌うのではなく、休符が書かれているところを意識して、必ず切って歌う。(息継ぎは、必ずしもしなくてよい)
ここから男声が別れるので、そのつもりで、息をたっぷり吸って、はっきり「あ」を歌う。
「風」のK、「吹かれて」のF、「心」のK、「きっと」のK、「君を」のK、丁寧に歌う子音がたくさんある。意識して歌うのと、無意識に歌うのでは全然違う。

6. 「時は流れて・・・」男声のメロディ。

前述3と同様に、「僕らは別々の」は一息で。
女声「ル」は細く、柔らかい声で、天井近くを声が飛んでいくように。
「別々の」から男女揃って歌うことになる。意識して、そろえよう。
「人生を」の「いを」、前述4と同様。音程を正しく取る。

7. 「いつかどこかで・・・」女声がメロディ。

前述3と同様に、「偶然出会ったなら」は一息で。「偶然」の「ん」は、私は「n」で口を少し開けて歌わせています。
男声「ル」は前述6と同じ。「偶然・・」から男女揃って歌うことを意識する。
「出会ったなら」は、「あ」をはっきり発音すること。そうしないと「でやったなら」に聞こえる。

8. 「変わらない・・・」からユニゾンで男女一緒に歌う。

全員が声をだしていることを実感として感じられるようにたっぷり歌う。
「変わらない何かを/確かめ/あって/いきたい」と歌う。休符が入っているところは、必ず切る。

9. 「素直に伝えたい」は、「いー」でだんだん大きく盛り上げる。
10. 「そんな」から、アルトも別れる。

できれば「そんな仲間でいて欲しい」「いくつ年を取っても」を1フレーズとして、息継ぎナシで歌う。でも、それでは苦しいから、カンニングブレスで続ける。「そんな/仲間で/いてほしい」と切れてしまうのはダメ。

11. 「君は<君は<君で」と気持ちを込めていく。
12. 私は「いてほしい」の前で全員揃ってブレスをさせます。

「HO」を丁寧に歌うこと。

13. 2回目繰り返すとき、ひとつの方法として「素直に」は大きく、「伝えたい」は弱く歌ってからクレシェンドする。

ただし、これがカッコイイかダサいかは好みが別れる。

14.最後の「いてほしい」は、ややゆっくりにすると名残惜しい雰囲気が出る。

「変わらない何かを」から繰り返しになっている。1回目と2回目を、どんな気持ちで歌い分けるかみんなで考えよう。
ヒント:繰り返しをしないで終わっちゃうと、なんだか物足りない気持ちがするのはわたしだけ?


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド