TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/04/23 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1241015 更新:2014年01月09日

「描画名人」をこうつくる・こう伸ばす2・絵を描く活動をいろいろ仕組む


「描画名人」をこうつくる・こう伸ばす(2年生)~2・絵を描く活動をいろいろ仕組む~

「描画名人」をつくるためには、まず絵を描くことが好きな子を育てなければならい。
そして自分の作品に満足感を持てるようにしてやりたい。そのためには次のことがポイントとなる。

①絵・マンガを描くことに夢・希望を持たせる。
②絵を描く活動をいろいろ仕組む。
③作品の展示・評価を工夫する。

以下に具体例を述べていくが、生活科だけでなく、他教科、特別活動等を含めさせていただく。

絵を描く活動をいろいろ仕組む。

(1)似顔絵コンクール

私のクラスではよく似顔絵コンクールを行う。イベント係が中心となり進めていく。

「今週は教頭先生の似顔絵コンクールを行います。審査員は白石先生です。」

と言って、休み時間に用意しておいた画用紙と鉛筆を持って職員室にやってくる子が数名出てくる。
教頭先生を見ながら鉛筆を動かす姿がかわいらしい。

ただし、事前に次の指導は必ず行う。

児童には仕事の邪魔はしないこと

そして、モデルの先生にはその旨を伝えておくことを忘れてはならない。

審査は担任が行う。特定の児童の作品が脚光を浴びるようでは意味がない。
学級経営の立場からもあまり目立たない子にスポットを当てたい。

モデルは校長先生、保健の先生、給食の先生等をお勧めする。触れ合いのよい機会になることであろう。
また、このコンクールをやる前に酒井式描画法の学習をしておきたい。子どもの作品が随分と変わってくる。

Kao

(2)絵本作り

絵本作りは知的で創造的な活動である。次の物を用意する。

B5版上質紙と表紙用の画用紙

後からホッチキスで綴れば立派な絵本ができあがる。
係活動にしてもよいし、どの子も自由に取り組めるようにしてもよいであろう。

私はこのシステムを教科の中に応用している。自分の生い立ちを作ったこともある。
また、単元のまとめとしての絵本作り、学習参考書作り等をさせたところ、子どもたちは喜んで取り組んでいた。
できた作品は教室に置き、だれでも自由に見れるようにしておく。よいアイデアがクラス内に普及し、全体のレベルも上がっていく。

※尚、この実践は作州教育サークル岡田健治氏に教えていだいたものである※

(3)描く視点を与える

生活科で活動計画案をかかせることがある。
例えば、生き物広場やおもちゃランド等、教室全体で活動するときである。
どこに何を設置するのか設計図をかくときに、必ず絵やイラストをつけるよう指示する。内容が充実して見えてくる。

また植物を観察し絵を描くとき、次のような指示をする。

発問1:

ミニトマトの茎はつるつるですか、ざらざらですか。

発問2:

横から見たとき、葉の裏は見えますか、見えませんか。

視点を与えると描写が細かくなりしっかりとしてくる。そうなるとほめるところもたくさん出てくる。

Souka

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド