TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/07/22 現在)

21480
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6691872 更新:2014年01月08日

1年生授業記録・啓林館「20までのかず」テストにも指導案が必要


(1)テストの順番、留意点は必ず板書する。毎時間、1年間続ける。

①順番を板書する。
②見直しの箇所、見直しの仕方を板書する。

③この単元で学習した補助計算を必ず書かせる。 

(2)テストの実際 1年生編

__________2014-01-08_19.51.08

⑧ 4までしたら「先生、終わりました。」と言います。
  ★5ではない。途中の4である。
  ★このテストの一番の難所は「足し算」から「引き算」への移行である
  と考えた。5 も足し算でしてしまう子がいると考えたのである。 
  ※「先生、終わりました。」と言う子に、

 「次は引き算だよ。×付けるんだよ。」 と一人一人に言っていった。
※「これがテストか!!」と言われる方がいらっしゃるかもしれない。
 その方にはこう言いたい。「これがテストです。」と。
※1年生だからこそ「テストのやり方の基本を教えるべき」だと考える。

__________2014-01-08_19.51.19

⑩テストが終わったら、赤鉛筆で見直しの○を付けます。

(3)テストの実際 高学年編

 どうしても分からない子がいる。そんな時はこうする。
「絶対100点と思う人はテストを出しなさい。」
「もう、降参という人もテストを出しなさい。」

降参した子の点数を付ける。そして、残りの時間を書き直しの時間とする 
 もう、点数を教師が付けている。
 ヒントを与えたり、赤鉛筆で薄く書いてあげたりできる。
 後日、テストの書き直しの時間、その子の書き直しはもう終わっている。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド