TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/24 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2230023 更新:2012年12月13日

集会時の聞く姿勢を良くする方法


集会や式が長くなると、子どもたちはどうしてもだらけてしまい、おしゃべりをしたり、下を向いたりしてしまう。(子どもたちだけの責任ではないが・・)
集会のあとに、週の目標などの話をする場合があるが、一度だれた子どもたちを集中させるのは難しい。
その時、子どもたちの聞く姿勢を良くし、話に集中させる方法である。まず、次の観点で子どもたちの様子をよく見ておく。

おしゃべりをしていないか。

話をしている人を、よく見ているか。

聞く姿勢が良いか。

賞状伝達の時は、きちんと拍手をしたか。

なるべく前の方から子どもたちの様子を見る。そうすると姿勢のいい子は、顔がきちんと見える。そういう子をピックアップしておく。そして、話に入る。
以下のような手順で行った。(実際に行ったのは1人であったが、もちろん複数でも良い。ただし、多いとだれてしまう。)

ざわついた子どもたちの前に立つ。
「今日は皆さん、大変よくお話を聞きました。今日は皆さん99点で、全員・・(少しの間)・・合格。そして、たった1人だけ100点の人がいました。(次の2人は100点でした。)
間を置く。子どもたちは、きょろきょろし出す。
「その人は、○○さんです。(○○さんと○○さんでした。)大変良い姿勢でした。」
普段おとなしい子を指名した。皆一斉、その子に注目した。その子は一瞬おどろいた顔をしたが、とってもいい笑顔になった。
そのあとは、「はい皆さん、良い姿勢で。」と一言いうだけで、ほとんどの子は姿勢良く話を聞いた。
全員をほめ、そのあと特に誰が良いと個別評定をしただけである。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド