TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/20 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4955456 更新:2014年01月08日

1年生授業記録・啓林館「大きさくらべ」番号をうつことで長さがわかる


(1)4 どちらが長いでしょう。 啓林館53P  鉛筆とのりのお話 

   フラッシュで作ったHPだと、「揃える」作業も出来る。
①53Pを開けなさい。隣と確認。
②「のり」と「鉛筆」どちらが長いでしょう。
③「そろえればいい。」
④「では、揃えてみよう。」 

__________2014-01-08_19.57.49

⑤「鉛筆やのりが動かない時はどうすればいいでしょう?」

⑥「こんな時は、数字を打ちます。のりに123456と書きなさい。」 

__________2014-01-08_19.58.00

(2)4 どちらが長いでしょう。 啓林館53P 電車のお話 

①「あおい電車をこうやって人差し指でずっとたどっていなさい。」※教科書をいったりきたりたどらせる。
②「○君、うまい!!」「○さん、じょうず」★力強く誉める!!
③「次はきいろ!!」→「そうだ」「いいぞ」

④「あおい電車と黄色い電車どちらが長いか【数字】で調べます。」 
 「どちらの方がながい」とちゃんと書いてきます。終わったら先生に持ってきます。  →「あおの方がながい」
 
★基本形から練習問題へ

向山型算数の大きな特徴は、基本形を教え、それを練習問題で習熟する事である 
 4の基本形は、【イラストに数字を置いていく】事である。
 「鉛筆・のり」の問題で基本形を押さえ、「電車」問題で基本形を守らせ、 自力で練習させる。

(3)テストには教科書にない問題があった

※1【ばん】と書かせる事で、数123と区別する効果があった。 

__________2014-01-08_19.58.19

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド