TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/20 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9552804 更新:2014年01月01日

5年後に選挙に行くことを目標にした授業1 投票率の授業


発問1:

前回の第44回総選挙は郵政民営化が争点でした。
国民の関心が高く、現行の選挙制度になった1996年以降、最も高い投票率を記録しました。
何%だと思いますか。

予想だから、思いつきの数値でいい。全員に発表させた。
「国民の関心が高く」という言葉に反応したのだろう。最高は100%、最低でも80%であった。
知っているようで知らないのが選挙である。だから、授業する価値がある。
正解は「小選挙区67.51% 比例区 67.46%」であった。
生徒にとっては予想以上に低い数値だったようだ。

発問2:

日本で最初に総選挙が行われた1890年の投票率は何%だと思いますか。
予想をノートに書きなさい。

これも全員に発表させた。80~50%の予想だった。歴史で「制限選挙」だったことを勉強している。選挙への関心がなかったと予想したようだった。正解は「93.91%」だった。生徒は驚きの声を上げた。明治時代の人々は選挙に高い関心を示したのだ。その理由を自由に発表させた後、私は「当時は制限選挙だったので、選挙権を持つことは名誉なことと考えられていました」と伝えた。また、身を清め、正装して投票所に行く人が多かったというエピソードも紹介した。

次の問題を「自学」とした。

発問3:

①過去の総選挙で最も投票率が最も高かったのは、何年の選挙ですか。
①20代の投票率が下がっています。それぞれの年代別の投票率は何%ですか。

問題を出すだけでは、生徒は調べてこない。調べ方がわからないからだ。次のように助言した。

説明1:

インターネットの検索を使うと、答えを見つけられます。
検索の窓に、どんなキーワードを入れますか。
(間を置いてから)先生だったら、「選挙」「投票率」を入れます。
チャレンジしてみてください。

翌日、3人の生徒が調べてきた。大いにほめた。そして、ノートをコピーして全員に配布した。こうした学習を繰り返すことで自ら進んで調べる力がついてくる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド