TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/08/14 現在)

21480
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9795887 更新:2013年12月31日

北方領土の授業 導入編2 8月18日に起きた占守島の戦いを授業する 


「玉音放送を聞く国民」の写真を提示する。

発問1:

この写真を撮ったのは何年何月何日ですか。

中学生であれば、すぐに「1945年8月15日」と返ってくる。
場所は皇居前である。
黒板に「終戦」と書く。

発問2:

1945年8月15日以降、一切の戦い(戦闘行為)はなかったのですか?

多くのの生徒が「無かった」と答えるが、正解は「あった」だ。
「占守(シュムシュ)島」と黒板に書く。
読み方を確認し、地図帳で位置を調べた。
千島列島の最北端、カムチャッカ半島と接している。

発問3:

1945年8月8月18日、ソ連がこの島に侵攻しました。
「変だな?」と思うことはありませんか。

「戦争が終わっているのに…」という声が生徒から上がる。
この日、日ソ中立条約を一方的に破棄したソ連軍が、終戦による武装解除の準備を進めていた占守島の日本軍に対して攻撃を始めた。
やむなく日本軍は応戦した。
戦闘は激烈を極め、日本軍の死傷者約600名、ソ連軍の死傷者約3000名に及んだ。
日本軍が有利な状況であったが、自衛を目的とした戦闘であったため、21日に日本軍が降伏し、23日に武装を解除した。
この戦闘で捕虜となった日本兵の多くは、法的根拠がないままシベリアに抑留された。

発問4:

なぜ、ソ連は侵攻したのですか?

ここを生徒に考えさせ、追究させることで、ソ連の意図が見えてくる。
その後、ソ連軍は南下する。
北方領土(択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島)の支配を完了したのは、その半月後である。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド