TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/12/15 現在)

21453
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6779467 更新:2013年12月30日

野田先生から学ぶたゆまぬ探求心


発問1:

 写真 (野田先生の作品)

発問 この作品を見てどう思いますか。
・大きいなあ ・うまい ・筆の動きがきれい ・どうやって書くんだろう。
 

 

P1010014_1_

説明1:

この作品を書いた人は、野田明宏さんです。
 現在65歳です。
 コンクールで受賞経験もある方の作品です。

1

発問2:

写真(野田先生が作品を書いているところ)

 修善寺小学校3年生の子どもたちの前で書いてくださった時の写真です。
 3年生のある子が野田先生にこう質問しました。
 「野田先生は、どうしてこんなに字が上手なんですか?」
 野田先生は、
 「ある人に、『おまえは、○○のくせに、なんて字が下手なんだ。』と言われてから猛烈に練習を始めたんだよ。」
 と、おっしゃいました。

発問 何のくせに字が下手だと言われたのでしょうか?
・大人かな ・先生かも ・博士! 

高校の先生です。韮山高校では、バレー部の顧問もしていて、当時韮山高校のバレー部を全国大会に出場するまで鍛え上げた素晴らしい先生でした。でも、字が下手だったんだね。

発問 では、野田先生が何歳の時に字の練習を始めたのでしょうか。
・5歳 ・10歳 など適当なことを言うだろう。

答えは40歳です。
 40歳から少しずつ仕事のかたわら習字の練習を始めてもう25年間続けているのです。今では、高校の先生の仕事は 退職されて、習字の先生として、修善寺町で活躍していらっしゃいます。東京池袋のサンシャインなどで行われる大きな 展覧会にも出品しています。

字が下手だと言われたことがある人は、たくさんいると思いますが、言われた後、

野田先生のように努力に努力を重ねて自分を高めていける人に、先生は初めてお会いしたと思います。

発問 みなさんは、ずっと続けてがんばっているモノはありますか。
あれば発表させみんなで拍手をしてほめあいたい。                                
なければ、これから続けてがんばっていきたいモノを考えさせたい。                      

授業後の感想集(大川典子先生の学級通信へ)

P1010004_thumb_1_

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド