TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/02/16 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9452682 更新:2013年11月27日

3年啓林館「分数」全発問・全指示1


1.「はした」に色を塗る

指示1:

「13、分数」
問題文を読みます。「先生とゆうかさんが、両手を広げた長さをテープに写しとりました」(先生とゆうかさんが、両手を広げた長さをテープに写しとりました)
「どちらも1mと、次のようなはしたがありました」(どちらも1mと、次のようなはしたがありました)
全員起立。今読んだところを続けて読んだら座りなさい。

指示2:

その下にテープの図があります。
「先生」のテープのはしたを、赤鉛筆で塗りなさい。

塗れた子に持って来させた。ABCで評定。Aで合格である。子どもたちは熱中していた。
つぎに、「ゆうかさん」のテープのはしたも塗らせた。こちらは評定しなかったが、その前の評定があったから、きれいに塗っていた。

2.分数を表す基本型を知る

(1)○アのテープの長さを書く

指示3:

□1に指を置きなさい。「はしたの大きさの表し方」
「はしたの長さを、1mのテープをもとにして表してみましょう」さんはい。(はしたの長さを、1mのテープをもとにして表してみましょう)

指示4:

次のページ。
テープの下。ついて読みます。「○アの長さは、1mのテープを2等分した1こ分の長さになっています」(○アの長さは、1mのテープを2等分した1こ分の長さになっています)
2等分とは2つに等しく分けることです。
その下も読みます。「○アの長さは、1mの2分の1になります」(○アの長さは、1mの2分の1になります)
その2文を立って1回読みます、全員起立!

指示5:

これをこう書きます。

<板書>
1mのテープを2等分した1こ分の長さ 1mの1/2

これが、この時間の基本型になる。分数を2行使って書くことも教えた。
速く書けた子には読ませて時間調整。

(2)○イのテープの長さを書く

指示6:

その下。○イのテープの長さも同じ書き方で書きなさい。(1mのテープを3等分した1こ分の長さ 3文の1です)

速くできた子に読ませて時間調整をした。

3.練習問題を解く

○2を、基本型通りに書かせた。○アができた子から持って来させた。
全問できた先着6人に板書させて、答え合わせ。

4.P.41の□3も基本型通りに書く

指示7:

41ページの□3に指を置きます。
「1mのテープを3等分しました」読みましょう、さんはい。(1mのテープを3等分しました)

指示8:

「○ア、1こ分の長さは、何mといえばよいですか」お隣さんに言ってごらんなさい。(3分の1mです)

指示9:

その下を読みます。「1mの3分の1の長さ、3分の1m」(1mの3分の1の長さ、3分の1m)

指示10:

これを、さっきと同じ書き方で書きます。書ける人は自分で書いてごらん。

<板書>
1mのテープを3等分した1こ分の長さ 1/3m

教師も板書。わからない子はそれを見て書けば良い。でも、ほんとの子が自力で書けていた。速く書けた子を4人指名し、その後で全員で読ませた。これは時間調整である。

指示11:

次、○イ。「2こ分の長さは、何mといえばよいですか」
隣の人に、今の言い方で言ってごらん。(1mのテープを3等分した2こ分の長さは、3分の2mです)
全員で言ってみます、さんはい。(1mのテープを3等分した2こ分の長さは、3分の2mです)
それをノートに書きなさい。

5.分数について知る

説明1:

その下。「3分の1、3分の2のような数を分数といいます」

指示12:

その右。□の中。分母と分数と書いてあります。
ノートに書いた3分の2の、2の横に分子、3の横に分母と赤で書きなさい。

指示13:

3分の1にも、どちらが分母でどちらが分子か書きなさい。

発問1:

先生問題です。4分の1、分母はどちらですか?(4です)
分子はどちらですか?(1です)

指示14:

4分の1を板書して発問した。その後、8分の1も板書し、同じことを聞いた。

6.基本型通りに練習問題を解く

(1)△4を解く

指示15:

「△4、1mの2分の1の長さは何mですか」これまでと同じように書きなさい。

速くできた子を指名して発表させた。それを板書した。

<板書>
△4 1mのテープを2等分した1こ分の長さ 1/2m

指示16:

書けた人で読みます、さんはい。(1mのテープを2等分した1こ分の長さは2分の1mです)

(2)○5を解く

指示17:

「○5、色をぬったところの長さを、分数でかきましょう」
これができたら今日は完璧だ。これまでと同じように書きなさい。書けたら持ってらっしゃい。

できた子先着6名に板書させたのだが、一発正解は10人いるかいないかだった。
ここまでの「~等分」の意味の押さえが甘かったのが原因だろう。数え間違いの他、塗ってある所を数えて「4等分」とする子も多かった。
板書した子に発表させた後、「何等分されていますか?」「何個塗れていますか?」を確認し、5分の4mになることを確認した。

やり直しをすることで覚えれば・・・という思いもあったので、これはこれでよしとした(実際、似たような問題が出てくる第2時は、ほとんどの子が自力でできていたので)。
とはいえ、もう少し丁寧に何等分かを問いながら進めてもよかったかもしれない。

33333
(3)○6を教科書に解く

指示18:

「○6、次の長さにあたるところに色をぬりましょう」
6分の3mを文にします。隣に言いなさい。(1mのテープを6等分した3こ分の長さです)

指示19:

教科書に塗りなさい。できたら持って来なさい。○になった子から終了です。

こちらはほとんどの子ができた。

スキルはできなかった。(翌日の朝学習で行った)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド