TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/12/09 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4579322 更新:2013年11月28日

木の上の黒い猫〜楽しい絵画教室IN大阪実況中継〜(酒井先生QA)


1.猫の輪郭や木の色の組み合わせを酒井先生の見本の中から選ぶのはなぜか。

   音楽と一緒で、響き合う色とよくない色がある。
   今日選んだ色は、明るくなる色。
   空を暗くすると、黒い猫が死んでしまう。
   黒い猫を生かそうとすると、周りを明るくする必要がある。
   何枚も描いて、何種類も実験してみた。
   いくつも失敗してみて、成功したのが、この5種類。
   でもこの5種類のほかは全部だめかというとそうではない。
   まだあるかもしれない。
   でも、私が試した範囲で無難な色がこれ。
   だからほかのものも試してみるといい。

2.猫の輪郭や木の色でお勧めの色、避けたほうがよい色は

   避けたほうがいいのは、黒。
   こげ茶色も避けたほうがいい。
   茶色あたりも避けたほうがいいかもしれない。
   後はだいたい大丈夫といえば大丈夫。
   色の組み合わせの原則というのはまだ出ていないけど、とにかく今ここ(セミナー会場)にあるのは全部成功している。
   数え切れないほど描いたけど、組み合わせの原則はまったくわからない。
   今日はこのあたりが無難だな、というのをみなさんに描いていただいた。
   まだかなりいいパターンが見つかると思う。
   原則は、きれいであること。
   ふちが見えなくなってしまわないようにしなくちゃいけない。
   多少見にくいのはあるけど、今日は全部成功している。

3.画用紙の大きさは

   この大きさ(八つ切り)は、ちょっと小さいかもしれない。
   猫の顔とか口を描いていると、クレヨンだらけになってしまう。
   だからもう少し大きくてもいいかもしれない。
   ただ四つ切だと大きくなりすぎてしまう。
   四つ切と八つ切りの中間がいい。
   今日は全部横で描いたけど、たてもあっていい。
   子どもが混乱すると思って横にしたけど、たても面白い。上下の広がりが出る。
   だからこれもみなさんが研究してほしい。

4.猫の模様を好きに描いていいというと、模様だらけになってしまうのでは

   今日もしようと思ったけど模様を描かせるのをやめたのは、つけすぎになってしまうから。
   描くのは面白いから子どもたちはどんどん描いてしまって、絵が粗雑になってしまう。
   この絵は、黒い猫がすっきりと浮き上がるのがきれい。
   もし模様をつける場合は、最小限にする。

5.「屋根の上の白い猫」はお話があったけど、この作品はそういう決まったお話はないのか。

   まず、この作品は「屋根の上の白い猫」の形を変えた、というのではない。
   これはこれで独立したシナリオ。
   やはり担任(指導者)の創意でお話を作ったほうがいい。
   描かせたい絵を思い浮かべて、子どもたちを思い浮かべて、お話をつくる。
   担任の判断の範囲内。
   もちろん、これを描く!ついてこい!という感じで行う場合もある。

6.1年生でもできると思うが、絵の具の部分はどうしたらいいか。まだパスしか使っていない。

   それは先生の判断。
   学校の事情もあるし、子どもの実態もある。
   まずやらせないという判断もある。
   いろいろな事情を考えてどう取り組むか判断する。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド