TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/08/18 現在)

21412
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1235061 更新:2012年12月12日

春に(谷川俊太郎 作詞  木下牧子 作曲) の指導法 


ある解説には、「自然の大きな力」というようなことが書いてありました。私は、それだけでなく、思春期の揺れ動く気持ちを連想し、そういう気持ちを歌わせます。谷川俊太郎の原詩をあたるのもよいでしょう。
大きく3つの部分に分かれます。言葉を歌うことを意識し、16分音符が早口にならないように、ゆっくりはっきりという意識で歌いましょう。

1. 初めの8分休符で、みんないっしょに息を吸う。

吸う音が聞こえるくらい、たっぷりと。

2. このきもちは<なんだろう  このフレーズをひとまとまりとして、でも「なんだろう」を大きく歌う。

それが2回繰り返されている。あきらかに「強調」である。2回目をもっと感情たっぷりに歌う。 

3. 「大地から」・・・パートのずれがはっきりわかるようにうたう。

「足の裏」・・・Sopしかこの歌詞がないので、大きめに。
「てーーー」だんだん大きくするくらいのつもりで、伸びやかに声を出そう。

4. 「このきもちは<なんだろう」上記2に同じ。

男声パートは2回目を大きく。 女性は鼻から声を出すつもりで、フワフワ・モヤモヤとしたイメージを作りましょう。

5. 「僕の腹へ・・・」男女のずれを覚えて楽しめるくらい歌う。

ずれがひとつになったとき、大きなエネルギーとなる。3つに分かれる最初の部分のヤマ。
「さけびとなって」 音符のない×も、音楽がある。「なって」よりも大げさに言うと「なーって」のかんじ。

6. 中間部、雰囲気が変わる。pp・・・柔らかい声のイメ

「枝の先の・・・」細い物を連想して、緊張感を持って歌い始め、「ふくらんだ」でふくらませる。
「こころ」子音を長めに。
「つつむ」包むのですから、薄く小さくてはダメです。「ツォツォムォ」くらいのつもりで、深い母音で歌う。

7. 「よろこびだ」ここから少しずつ音楽が動き始める。

クレシェンドの指示をよく守って、確実に段階をおって盛り上げていく。
よろこび・悲しみ・いらだち・やすらぎ・あこがれ・いかり それぞれの感情をイメージして歌う、自分の実体験を思い出す、そうすれば、それぞれが違った歌い方になるはず。
よろこび<いらだち<あこがれ<いかりがかくれている・・・「るー」を伸ばしている間に小さくならないように保つ。
「心の・・・」ココロをはっきりと歌う。
ずれる部分と、いっしょになる部分は前述に同じ。 昼間部のヤマ。思う存分、声を出してのびのびと歌おう。
「あふれようと」を あ<ふ<れ<よう のように歌うと、あふれるかんじになる。
「るー」をのばしているあいだに、スーッと波が穏やかになっていく感じ。

8. 終わりの部分  繰り返しや、ずれる部分といっしょに歌う部分は前述に同じ。

「あの」空、「あの」青・・・遠くを見上げて、距離感を歌う。それじゃあ「この空」ぐらいです。今のは「その空」くらいです。「あの空」と歌いましょう。ってね。

9. 「手を・・」の「手」は、一瞬なので長めに歌う。
10. たくさんの「○○したい」という気持ちを歌う。

漠然とではなく、自分の願い、意志をもって歌うと伝わる物がある。

11. あしたと<あさってが  あさってのほうが遠いところにあるのです。
12. 「僕はもどかしい」アルト、大切な言葉

もどかしいって、意味わかってる?

13. ずれて歌っていたのが「じっとしていたい」でそろう。

ここからが最大のヤマ。
「さ・け・び・と・なって」ひとつずつはっきりうたう。「なって」は前述と同じ、「な」を長く。

14.「気持ちは<何だろう」自分に問いかける。

「ろうー」はカンニングブレス、「ろうーーvーー」というふうに、途中で息継ぎをしてよいから、最後まで伸ばす。ピアノにとけ込んでいく感じ。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド