TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/19 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6791367 更新:2013年11月27日

TOSSかけ算九九計算尺を使ったかけ算の導入


発問1:

(スマートボートに、いちごのシート「三の段」3×2を提示して)
この中にいちごが何個ありますか?

・6個です。

発問2:

たてに3個並んでいます。何列ありますか?

・2列です。

発問3:

たし算の式で言うと、どう言いますか?

・3+3=6です。

指示1:

3個の列が2つある計算を3×2=6と言うことがあります。
言ってみましょう。

・3×2=6

発問4:

(尺を一つずらして)これは何と言うでしょう。隣の人と相談してご覧なさい。・・・それではみんなで。

・3×3=9です。

発問5:

よくできましたね。続いて、もう一つずらします。みんなで言ってみましょう。

・3×4=12です。

指示2:

みんな天才ですね。算数で一番むずかしいかけ算を、簡単にできていますね。
かけ算を言うときに、できるだけ言葉を削って短く言います。
(3×2に尺をあてる)これを「さんにがろく」と言います。
言ってみましょう。

・さんにがろく

指示3:

(尺をずらして)さざんがくです。(一緒に言わせる)

同じように3×5までやる。
いちごシート「二の段」を行う。

指示4:

では、二の段を2×5まで一緒にやってみましょう。

発問6:

(数字入りの四角のカードを提示して)ここに四角が並んでいます。四角がいくつあるかということです。いちごと同じ3×2です。
何か気づきませんか。

・こたえが矢印の先に書いてあります。

指示5:

今から一緒に三の段を唱えます。「さんいちがさん」「さんにがろく」・・・「さんごじゅうご」

指示6:

実は机の上に同じシートがあります。シートを使ってやってみたい人?それでは、机の上の袋からシートを取り出して、自分で動かしながらやってみましょう。数字入りの四角のカードの三の段をやります。

やっていくうちに、言い方がわからないという声が挙がる。

指示7:

かけ算九九カードの中に言い方が書いてあるカードがあります。三の段の言い方が書いてあるカードを探してごらんなさい。

シート⑦の3の段、オレンジ色で書いてあることを確認する。
3の段を一緒に唱えて言い方に慣れる。
横に置いて、見ながら唱えて良いことを伝える。
 
各自、計算尺を動かしながらどんどん唱える練習をさせる。

参考実践  「教育トークライン」2005年10月号p4~8 向山洋一氏論文
        「向山型算数教え方教室2006年1月号p8~21 計算尺特集


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド