TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/01/19 現在)

21456
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1121244 更新:2013年11月27日

数唱


 1から100までの数唱と、10の合成分解を学ぶための数の階段である。

1ずつ数える。

 百だまそろばんを横に傾ける。「じゃらん。」と音がして、玉がきれいにそろう。
すかさず「数えます。」と言う。
一つずつさっと玉を動かし最後に「かちっ。」と玉が鳴るようにして、自分も一緒に声を出しながら数える。

 子どもが見ていなくてもかまわない。
そのうち、子どもの声がそろってくる。
きれいにそろったらさらっと誉める。次からもっと早くそろうようになる。
慣れてくると時間を見て、そろそろかな、と子ども自身が考えるようになり、席に着き始めるようになる。

 学年や日によって、30まで数えて終わることもある。
写真は、30まで数えた後の様子である。

Su

2とび

2ずつ数える。
縦に数えると20まで、横に数えると100まで数えることができる。

私は、写真のように縦に数えている。
 「に、し、ろく、はち、じゅう、じゅうに、じゅうし、じゅうろく、じゅうはち、にじゅう。」と数えていく。
 このあと、「20と80で100。」と言う。
このとき、20の玉を上から下へ、さっと触りながら「20と」と言う。
同じように80の玉を上から下へ、さっと触りながら「80で」と言う。
最後に百だまそろばんをさっと横に傾け、元に戻す。
このとき、「じゃらん。」という音を出す。
 玉をさわると音が出るので、変化があり、さらに集中をさせることができる。

Nito

5とび

5ずつ数える。これも、縦に数えていく。
50まで数えた後、「50と50で100。」と言う。

このときも2とびでしたようにする。
左の50の玉を上から下へ、さっと触りながら「50と」と言う。
右の50の玉を上からしたへ、さっと触りながら「50で」と言う。
最後に百だまそろばんをさっと横に傾け、元に戻す。

Goto

数の階段

縦に、1,2,3,4,5,6,7,8,9,10と数え、階段を作る。

 階段を作った後、
「1と9で10。」
「2と8で10。」
「3と7で10。」
と言いながら、左右から真中に玉を動かす。

 10の補数を実際に玉を見るので、視覚的に数量を覚えることができる。

Kai

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド