TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/20 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1515403 更新:2013年11月22日

TT通信「てくてく」(22号)


時間調整

今、4年生「わり算の筆算」の少人数授業では池田がすいすいコース(発展コース)を担当しています。

すいすいコースでは、早く終わる子の待ち時間をどうするかが大きな課題です。すいすいコースにくる子ども達は、総じて算数が好き、得意だと自負しています。教科書の課題が終わった子から、どんどん習熟を目指すプリントをさせてもいいのですが、ただ、闇雲に計算だけさせても・・・・という疑問が残ります。(公文、学研等の塾に行っている子は嫌というほど、計算を鍛えられていますので。)

時間調整をするための指示はケース・バイ・ケースで出しますが、よく私は次のようなルールを作り、全員で答え合わせをするまでの時間稼ぎをすることがあります。(1学期にも1度紹介したと思います)

① 問題ができた子から黒板に解答を書かせる。
(早くできた子に何もしない空白時間を作らせないため)
② 教師はノートにきちんと書いているかを見るために、1問だけチェックして答えに○×をつける。(全部丸をすると待っている子の列ができるので1問だけ。また、×を付けるとき個別説明はしない。)
③ 黒板に解答を全部書き終わる直前から、答え合わせをする。
(丸付けは自分でさせます)

ここは絶対自分でさせたい問題は、私が丸を付けるようにして、できた子からちょっと難しい発展的な算数クイズやゲームプリントに取り組ませるようにしています。

(時間調整の問題ですので、説明はしません。私は○を付けるだけです。)

 最近、この算数クイズ人気があり、てくてくコースの子もプリントを取りに来ます。はまった子は自主的にプリントを持ち帰って、休み時間や家で解いているようです。

知って得するパソコンの裏技

 パソコンの画面に出ている画像は何でもプリントアウトできることを御存知ですか。たとえば、こんな風になります。

パソコンにはプリントスクリーンという大変便利な機能が付いています。

キーボードにはPrtScというキーがあります。それを1回押すと、その時のパソコンの画面が記憶されるのです。そして、「ペイント」等の画像処理ができるソフトを開き、そこに右クリックをして「貼り付け」を選択するとOKです。

あとは必要なところだけを切り取って使います。

__________2013-11-21_23.03.52

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド