TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/01/20 現在)

21456
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9214341 更新:2013年11月20日

道  親の愛を感じる授業


毎日「勉強しなさい。勉強しなさい」と親から言われている中学生。そんな親にも愛情があり 自分を育ててくれている。日頃うっとうしいと感じている親への見方を変える授業。
中学2年以上での実践がお薦めです。資料は「世界通信情報」(世界通信社)藤井 均作『美しい母の顔』

 黙って「○○○の母の顔」と板書する。

指示1:

○○○の中に言葉を入れます。
優しいとか、怖いとか、自分のお母さんの姿を思い浮かべながら、○○○の中に言葉を入れます。
考えた言葉をノートに書きます。

 3文字でなければいけないかと言う質問が出た、「3文字でなくてもかまいません」と答えた。
 列指名で全員に発表させた。途中数人に「なぜ、そう思ったのですか」と理由を聞いた。

説明1:

今日は、美しい母の顔という資料で勉強します。

 資料を配り、列ごとに1文読みをさせた。

発問1:

この資料を読んで、考えたこと、気づいたこと、思ったことをノートに書きます。

列指名で、10名ほどに発表させた。
 ・M子は、はじめ母親の顔が嫌いだった。でも、最後は自分の母親の顔を誇りに思えて良かった。
 ・最初のM子の気持ちは仕方がない。最後はお父さんから話を聞けて良かった。
 ・母親の焼けどのあとは、愛の印と感じた。
 ・はじめは、せつなかったが、最後は誇りに思えてよかった。
 ・母はとても強い。母親の気持ちを考えるとつらいだろうと思った。
 ・母はすごい。母は火事のときM子を抱っこしてにげた。
 ・母親は、自分の娘を助けるために、自分を犠牲にしている。
 ・M子が母親のことを誇りに思えるようになれば、母親も自分のやけどのことを誇りに思えるだろう。
 ・お父さんが、やけどの話をM子にして良かった。
 ・お父さんと、お母さんは決意して話をして良かった。

説明2:

 M子と同じようなことはそうあることではないと思います。

指示2:

小さい時からのことを思い出して、最後にもう一度○○○の中に言葉を入れます。

 最後に書かせた○○○の中には、授業の始めに書かせた言葉と違う言葉が書かれる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド