TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/10/22 現在)

21530
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6254533 更新:2013年10月26日

【追試実践】「虫の声」(河原木孝浩氏原実践)


【追試実践】「虫の声」(河原木孝浩氏原実践)

文部省唱歌「虫の声」を局面の限定で、最初の「ああ、おもしろい虫の声」を変化のある繰り返しによって、様々な表現を声ですることを学ぶ実践。

<実践の内容>

1.ピアノ伴奏・CD伴奏で歌う

1.あれ松虫が、鳴いている  ちんちろちんちろ、ちんちろりん
 あれ鈴虫も、鳴きだした  りんりんりんりん、りいんりん
 秋の夜長(よなが)を、鳴き通す  ああおもしろい、虫のこえ

2.きりきりきりきり、こおろぎや(原曲は「きりぎりす」)
 がちゃがちゃがちゃがちゃ、くつわ虫
 あとから馬おい、おいついて  ちょんちょんちょんちょん、すいっちょん
 秋の夜長を、鳴き通す  ああおもしろい、虫のこえ

2.板書しておく

ああ おもしろい □

いきなり歌う。「あぁ~お~も~し~ろ~い~」
子どもたちが「むーしーのーこえー」とすぐに反応したら、「すばらしい!」と褒める。
反応があまりなかったら、「にぶい。」とオトして、もう一回やる。

発問1:

問題です。”ああ“は、次の3つのうち、どれでしょう。

⑴ ああ!教科書忘れてきた!
⑵ あぁ~。先生に言ってやろ~。
⑶ ああ、おいしかった。

発問2:

「⑴だと思う人?⑵?⑶?」(挙手で確認)

「正解は……!歌ってみればわかります。」
⑴、⑵、⑶と歌う。
(「…うまいねぇ。⑴の方が。」など、合いの手を入れる。)

説明1:

同じ“ああ”でも、歌い方で、全然ちがう歌になるんだね。

指示1:

今度は『虫の声』のところを、別の言葉に変えます。
何でもいいですから、おもしろいものを言いなさい。

挙手→指名

(例)ああ、おもしろい おにごっこ

歌ってみる。

次、“おもしろい”を消す。

説明2:

今度は、ここに別の言葉を入れます。

ああ、おそろしい おにごっこ(爆笑)

歌ってみる。

次、“ああ”を消す。

ひゃ~ おそろしい おにごっこ(爆笑)

もし、文としておかしい場合は、こうやって訂正する。

指示2:

おにごっこがおそろしいのは、変だよね。
…本当におそろしいものを入れなさい!

ひゃ~ おそろしい お母さん (大爆笑)

表情をつけて歌えたら、その都度ほめるのがPOINT!


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド