TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/05/26 現在)

21414
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3242901 更新:2013年10月14日

こう使う、3時間の鼓笛指導 第1時


練習場所:体育館

最初から校庭で指導すると、場所が広すぎて指示が通りづらい。
体育館は黒板があるので都合がよい。

1,今日の予定を話す。

「隊形を作る。演奏の順序に従って演奏する。楽器を持たないで歩いてみる。」という予定を話す。

2,隊形を作る。

4名の教師で指導するので、分担する。そのためには、事前に図式化した分担表を作成しておく。

3,黒板を使って、曲の順序を説明する。

曲の順序を、全員で復唱する。指揮の指番号と曲名を確認する。

4,曲の順序に従って演奏する。

曲の順序と、曲の仕上がりの確認をする。具体的に評価するために、メモをとる。

5,演奏の評定をする。

小刻みな評定が大切である。どのパートが上手にできているかを断定する。
できれば、個人名を出してほめると、他の子もやる気がでる。
ほめる子を断定するために名簿を用意し、気づいたときに記入していくとよい。
2学年がきついときは、自分の担当の学年を決めるとよい。

6,楽器の使い方の指導をする。

楽器に限らず、使う物は大切に扱わせたい。そこで、次のような話をする。

説明)楽器は皆さんが大切に使えば、いくらでも長持ちします。でも、乱暴に使うと、
 すぐに壊れてしまいます。
  みなさんだけでなく、みなさんの下級生も幼稚園の子どもたちも使います。
  自分の体を大切にするように、楽器も大切にしてください。
  また、打楽器はばちで強くたたきすぎると皮が破けてしまうので注意してください。
  リコーダーや鍵盤ハーモニカなど、口をつけるものの貸し借りもしないでください。 

7,楽器を置かせて、黒板を使って動きの説明をする。

長々と説明しても、児童は頭に入らないし、あきてしまう。
おおまかな動きを、簡単にテンポよく説明する。

8,楽器を置かせたままで、実際に動かす。(全体の半分まで説明する。)

いきなり演奏しながら動かさない。最初は、教師が手をたたいてカウントしながら動かす。
次に、児童が曲を口ずさみながら動く。

9,次時の目標を示す。

次の時間の目標を示すことで、それまでの児童の心がまえがしっかりできるようになる。
次時は、(1)校庭でやる。 (2)最後までの動きを、今日のように手でカウント→口ずさむ順序でやる。
(3)(2)がきちんとできれば、楽器をもって歩くことができる。
なので次の時間は、「最後までの動きをできるようにしよう。」が目標である。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド