TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/25 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6151037 更新:2013年10月13日

5年光村「人と『もの』との付き合い方」の実践記録。9


概要
発表の時に使う提示用の資料を作成する。教科書のイラストと音声CDを使って発表の例示をすることで、発表のイメージを持たせることができる。(国語)

発表のイメージを持たせる

指示1:

教科書に載っているイラストを見なさい。

教科書には、発表用の資料を提示しながら説明している児童のイラストが載っている。

説明1:

今から発表の様子をCDで聞いてもらいます。イラストを見ながらCDを聞いて、どのように発表するのか、だいたいのイメージを持ってもらいます。

指導書に付属のCDを聞かせる。
補足
本当は映像を見せるのが一番良いのだが、映像資料がないのでイラストとCDで代用した。

指示2:

イラストの子が示している資料を見なさい。

説明2:

資料には、写真やグラフや絵が書いてあります。

発表用の資料にはどんなことを書くのか、黒板に簡単なレイアウトを書きながら説明していく。

説明3:

発表用の資料には、目で見て分かりやすいグラフや図やイラストなどを書きます。くわしい説明は、発表の時に口で言いますから、資料には細かく書きません。

補足
その後の作業で、提示用の資料に長々と説明の言葉を書いている子がいた。この点をしっかり理解させておく必要を感じた。

発表用の資料を作成する

4ッ切り画用紙を1人1枚、マジックは1班に1つ、配る。

説明4:

提示用の資料を作ります。縦書きでも横書きでも構いません。みんなが調べて書いた付箋の資料を、画用紙に大きく見やすく書いていきなさい。資料を並べる順番は自由ですが、発表の順番に並べた方が分かりやすいです。

色画用紙も用意しておき、自由に使って良いことを告げた。

残り時間いっぱい、資料づくりをさせた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド