TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/10/19 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3490644 更新:2013年10月10日

日本人の気概〜杉原千畝〜


説明1:

みんなのおじいさん・おばあさんの子どもの頃にあった施設の写真です。 

アウシュビッツの写真を4~5枚ほど見せる

説明2:

アウシュビッツ収容所です。世界中が戦争をしていたとき、ドイツの総統だったヒトラーの指示によって建てられました。

発問1:

虐殺されたユダヤ人はおよそどれくらいだといわれていますか。3択です。

600人、60万人、600万人から挙手させる。

説明3:

虐殺されたユダヤ人はおよそ600万人とも言われています。
これは、名古屋市の人口のおよそ3倍にあたります。(注:名古屋市の人口はおよそ223万人)

説明4:

1941年、ヒトラーはヨーロッパにいるユダヤ人を皆殺しにする計画を立てました。

発問2:

この計画を聞いたユダヤ人はどうしたと思いますか。

逃げたと思います。隠れたと思います。

説明5:

ユダヤ人は安全な外国へ脱出しようと考えました。
しかし、すでにヨーロッパのほとんどの国をナチスが支配していたので、ユダヤ人を受け入れる国がありませんでした。
多くのユダヤ人が捕まり、強制収容所で殺されてしまいました。

(当時のヨーロッパ地図を映す)

説明6:

そのような状況下で、リトアニアという国であった一人の日本人の話です。

説明7:

ある朝、首都カウナスにある日本領事館の前にたくさんのユダヤ人の人だかりができていました。
彼らは日本に入るための許可証であるビザを手に入れるためにきました。

(写真を映す)

説明8:

杉原千畝。当時のリトアニアの外交官です。

説明9:

千畝はユダヤ人の話を聞いて一晩中悩み、日本の外務省にビザを発行してもいいか電報を打ちました。

発問3:

外務省の返事は「可(よい)」か「否(だめだ)」のどちらだと思いますか。(挙手で聞く)

説明10:

外務省からの返事は「否」でした。その後2度、外務省にビザを出してもよいか電報を送りましたが、2度ともだめでした。

発問4:

千畝は、ある決断をしました。どのような決断だと思いますか。予想をノートに書きなさい。

(書いたことを聞く。あわせて理由も聞く)

説明11:

千畝は自分の権限でビザを発行しました。
仲間の国(ドイツ)の敵を助けるので命を狙われるかもしれない、そのような危険も顧みませんでした。
(ビザを提示して)これが、千畝が発行したビザです。命のビザといわれています。
当時、コピー機はありません。1枚1枚すべてビザは手書きです。
昼食も食べず、体中がぼろぼろになってもやってくるユダヤ人のために書き続けました。
千畝はビザを発行した約1ヶ月の間で2139枚のビザを発行しました。

(注:千畝がビザを書いたのは7月25日から9月5日まで。多い日には100枚以上もビザを発行した。)

発問5:

このビザによって助けられた人、2139人よりも多くいます。総数はそれくらいだと思いますか。
予想してノートに書きなさい。

(何人かに聞く)

説明12:

およそ6000人とも8000人とも言われています。家族全員で1枚のビザで助かったという例も多くあるからです。

(注:助かった実数はいまだに不明。)

説明13:

戦後、帰国した千畝は外務省をやめさせられます。
さらに、「杉原はユダヤ人に金をもらってやっていた」といううわさが流されます。

説明14:

しかし、戦後になって千畝のことを必死になって探した人たちがいます。

発問6:

どのような人たちですか。

ユダヤ人です。 助けてもらった人たちです。

説明15:

カウナスでビザを発行してもらったユダヤ人です。
昭和43年8月、千畝はその中一人に再会をしました。その後、助けたユダヤ人との交流が始まりました。

説明16:

また昭和60年、イスラエル政府は千畝に、諸国民の中の正義の人に送られるヤド・パシェム賞を送ります。
この賞は、イスラエル政府がユダヤ建国に尽くした外国人に与えるイスラエルの最高勲章です。
(ヤド・パシェム賞のメダルを映す)

説明17:

千畝は当時を思い返して次のように語っています。
「私のしたことは外交官として間違ったことだったかもしれない。しかし、私には頼ってきた何千人もの人を見殺しにすることはできなかった。そして、それは人間として正しい行動だった。」

<参考実践>
本講座の模擬授業は、以下の3名の先生の構想追試です。
小林義典氏(TOSS Land No.2210101)
福岡美智雪氏(TOSS Land No.1270099)
橋本幸康氏(TOSS Land No.2210315)

<参考文献>
『六千人の命のビザ』杉原幸子著(1990年・朝日ソノラマ)
『決断 命のビザ』杉原幸子監修・渡邉勝正編著(1996年・大正出版)
『愛の決断』岐阜県八百津町編
『勇気の人―杉原千畝 助けられた命のメッセージ』(2001年・勇気の人―杉原千畝展実行委員会)
『自由への逃亡 杉原ビザとユダヤ人』中日新聞社社会部編(1995年・東京新聞出版局)
『学校の失敗』向山洋一著(2001年・扶桑社)
『杉原千畝と日本の外務省』杉原誠四郎著(1999年・大正出版)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド