TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/08/17 現在)

21412
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2320500 更新:2013年10月10日

黄金の3日間 2日目


<朝にすること>
・学級通信印刷
・教科書運び
・学年の先生と打ち合わせ(離任式の流れなど)
・配布物確認

<離任式>
・始業式と同じ並び方で並ばせる(背の順は後に決める)。

戻るときの指示は以下のようにする。

指示1:

 今から教室に戻ってからのことを言います。質問は後で受け付けますので、話は最後まで聞きなさい。教室に戻ったら、席について待っておきます。トイレに行きたい人は、その間に行っておきます。何か質問はありませんか?では、並んで教室に戻りなさい。

 下駄箱まではついて行き、靴の入れ方を指導する。
 
 職員室に戻り、配布物などを持っていく。

<学活その1 所信表明など>
 教室に入り、座ってない子がいたら、座らせる。

①あいさつ(2分)

指示2:

 話を聞く態度を作ります。
 手に持っているものを置きなさい。
 おへそをこちらに向けなさい。

 アドバルーンが出ていたら、毅然と注意する。
(「一人だけこちを向いていませんよ」など)

指示3:

 まず挨拶をしましょう。先生が『おはようございます』と言ったら、みんなも元気にあいさつをしてください。全員起立!

 立ち方がだらだらしている場合はやり直しをさせる。

説明1:

 一日の始まりとなるあいさつです。毎日、こんな挨拶を聞かせてくださいね。

②自己紹介(5分)

 黒板には、以下のように板書してある。

 にこにこ笑顔の先生は
 しっかりしてそ(う)で
 おっちょこちょい
 ユーモアたっぷり楽しいけれど
 たまーに怒るとめちゃ怖い
 かんさいパワーでがんばります。

 教師の後から追い読みさせる。そろっていなかったり、声が小さいときはやり直しをさせる(授業に慣れさせる)。「これがそろっていません。30点!」など。
 もちろん上手なときは大きくほめる。

発問1:

 とっても上手だなぁ!国語の時間が楽しみです。
 ちなみに、この自己紹介には秘密があります。気づいた人?

 何人かに聞く。学習というものは、こういった隠れた秘密を探していくことだと教える。

指示4:

 みんなの自己紹介は、明日にしてもらいます。そこで宿題です。一人30秒の時間をあげますから、自己紹介の練習をしてきて下さい。これ、意外に難しいですよ。練習してない人はいっぺんにばれますからね。

③出席をとる(5分)

 最初は、出席簿を開いて持っておく。

指示5:

 では出席を取ります。
 名前を呼ばれたら、起立して、「はい、西尾先生」と返事してください。
 先生も、返事します。

 そういって、出席簿を机に置く。
 立ち方のよい子、さっと立てた子、返事のよい子をほめる。
 時には、やり直しもある。

④しかる3原則(3分)

説明2:

 先生の自己紹介で「たまーに怒るとメチャ怖い」と書きました。そうです、先生は怒ると本当に怖いんです。

 そう言って、みんなの顔を見渡す。

説明3:

 次の3つのことをした時、先生は怒ります。 
 一つは、『命にかかわることをした時』です。ほうきを振り回す、窓から身を乗り出す、遠足などでふざけて道路に飛び出す、そんなことをした時は、ものすごく怒ります。
 二つ目は、『自分や友達の心や体を傷つけた時』です。いじめや差別などがそれです。いじめや差別をしても良いと思う人は手を挙げなさい。
 では、いけないと思う人は手を挙げなさい。
 今日、この時から、いじめや差別をしたら、先生や、クラスのみんな、校長先生をはじめ、学校中の先生方を敵に回すことになります。この闘いには、先生は絶対に負けませんから、覚悟しておきなさい。先生はいじめられている人の味方になります。
 もちろん、陰でやっても、先生は必ず見つけ出します。
 三つ目は、「3回同じ注意をされた時」です。みんな人間だから、一度や二度、過ちを犯すことはあります。しかし、その過ちを後に生かそうとしない、反省しない人は、先生は信用しません。

 ここで、フッと顔を緩めて、次のように言う。

説明4:

でも、これ以外のことでは、先生はあまり怒りません。もちろん、いろいろな注意はしますけどね。

⑤間違いについて(3分)

発問2:

 さて、これ、なんだか分かりますね。そうです。電球です。これを作った人、誰だか知っていますか?知っている人は手を挙げて下さい。

2~3人に答えさせる。

説明5:

 正解は、エジソンです。いろんな発明をしたことで有名な人です。そこで全員に聞きます。
 エジソンは、この電球を作るために、何回実験をしたでしょう?次の3つから選んでください。
 1番。80回。
 2番。800回。
 3番。8000回。
 1番だと思う人?2番だと思う人?3番だと思う人?
 正解は3番の8000回です。これを作るために8000回も実験したんですね。7999回の失敗があって、電球が出来たんです。逆に言えば、この失敗がなければ、電球は出来なかったんです。失敗しても、あきらめないでやったから出来たんですね。お勉強でも同じです。間違いがあって当然です。間違いを乗り越えていくから賢くなるんです。教室では、どんどんまちがって、賢くなって下さい。

⑥教科書配布(15分)

 各教科配り、開き方を教える。
 名前を書く。忘れた子にはペンを貸す。絶対に鉛筆では書かせない。
 次の話をしてから書かせる。

説明6:

 先生の字は、決して「きれい」ではありません。でも、「丁寧」に書くことはできます。
(二つ名前を書いて)上と下、どっちがきれいだと思いますか?もちろん下ですね。上と下、どっちがゆっくり書いていましたか?これも下ですね。丁寧に書くには、ゆっくり書いたらいいんです。
 これから半年から一年、お勉強で使う大切なものです。大切に扱うために、最初の名前は丁寧に書きましょう。

 一教科ずつ、書いたら確認を入れる。
 早く書けた子は、教科書を読んでおく。

⑦国語の授業か百人一首(10分)

 残り時間によって変わる。
 10分を切るようなら、扉の詩を音読。
 時間があれば、百人一首最初の指導。

<学活その2 クラスの一日・仕事・ルールについて>

①当番仕事について(20分)

・日直の仕事
・毎日の当番仕事
・係(会社)
・給食当番の仕事
・掃除当番

 まず、朝来たときから、どんな仕事が必要か、今までにどんな仕事があったかを子どもに聞き、板書していく。
 おそらく、以下のようなものが出ると考えられる。
 黒板・配り・集め・体育・新聞・遊び・落し物・整頓など
 ここで、「当番」と「係」の違いを説明する。
 そして、出たものを分ける。
 「係(会社)」については後日決める。
 当番では、以下のものを考えている。

窓明け(1)・窓閉め(1)・電気付け(1)・家庭学習提出チェック(2)・
はんこ押し(2)・黒板(5)・黒板最終(1)・チョーク補充(1)・
学級文庫整頓(2)・貸出表チェック(2)・配り(4)・日付(1)・落し物(1)・ 先生ごみ(1)・鉛筆削り(1)・学習準備(1)・並ばせ(2)  計29人

 日直には、朝の挨拶(朝の会司会)、給食の号令、帰りの挨拶(帰りの会司会)、そして、当番仕事の最終チェック(帰りの会で)をしてもらう。
 
 朝、帰りは、以下のようにする。

__________2013-07-21_0.17.04

 給食当番は2交代制。

パン・ごはん(2)、大おかず(2)、小おかず(1~2)、食器大(2)、食器小(2)、おぼん(2)牛乳(2)、配膳台(1)

 29人クラスなので、15人と14人に分ける。
 当番表をのちほど作る。

 掃除の分担は以下のとおり(カッコ内は必要な班数や人数)

教室(2) ほうき(2~3)、雑巾(3)、机(2~3)
廊下(1) 雑巾(2)、ほうき(2~3)
水道(1) タワシ(4~5)
保健室(1) モップ(2)、ほうき(2~3)
多目的ルーム(1) ほうき(2)、机(2~3)

 掃除の班は、生活班とは別で男女名簿順に割り振る。
 担任は掃除時間中、一緒に掃除するなどして、点検にいく。
 終わる時間になったら、担任を呼びに来て、チェックをもらう。
 交代は2週間ごと。交代した次の週の最初の日は、今までに掃除をしていた班から一人、「お掃除先生」を派遣して、掃除を指導させる。

②ルールについて(5分)

 子どもに教えるのは以下のルール。
・筆箱の中身(鉛筆4本、赤鉛筆、ミニ定規、)
・学習に使うもの(下敷き・スティックのり・はさみ・色鉛筆・自由帳)
・学校に来たらすること(カバンをしまう、ノート類を入れる)
・忘れ物をしたとき(ノート忘れ、文具忘れ、教科書忘れなど)
・授業開始(時間になったら座る。)
・授業中のルールについては、授業の中で教える。
・授業終了(次の時間の準備をして、前の時間の準備物をカバンにしまう)
・宿題忘れは残ってやる。忘れてきたときは、次の日に見せる。
・トイレに行くとき(休み時間に行く、授業中は教師に言う)
・授業中(質問は手を挙げて「先生、質問です」という、など)
・給食の準備のとき(来るまでは座って読書、来たらセルフサービス)
・給食終了後(読書、勉強のやり残しなどをやる。立ち歩くのはだめ。)
・放課後(残らなければならない場合は、教師にいう←家庭への連絡のため)

 必ず全員に言う。
 これ以外のルールは、質問を受け付けるなどして、作っていく。
 また、このルールは変わることもあると告げておく。

③配布物を配る(5分)

・保健の記録(旧版・新版・説明)
・児童の記録
・学級委員の記録

④クラブの希望調査を取る(5分)

 回収することを告げておく。書けた子は教科書を読んでおく。

⑤連絡帳を書く(5分)

説明7:

先生は、自分のクラスを持った経験はほとんどないのですが、先輩の先生たちから、クラスの子どものことについて、いろいろ話を聞くんです。すると、4月の最初の頃は、みんなやる気十分なのに、一年経つと、伸びること伸びない子がはっきりするんです。そして、伸びる子には共通点があるんです。

 そういってクラスを見渡す。

説明8:

伸びる子はね。「続けること」と「丁寧さ」、この2つがあるんです。
つまり、毎日の連絡帳を「丁寧に書き続けられる人」は必ず伸びるのですね。
では、今から先生が書く時間割を書いてください。

 3時間目まで書けたら持ってこさせる。
 合格の子は続きを書いていく。
 不合格だった子は書き直させる。
 適当な時間で切り、丸をもらっていない子は、もらってから帰るように言う。

<掃除>
 教室のみ。
 雑巾を集める。
 教室を4分割、窓、ドアに割り振り、責任場所を決める。
 自分の責任場所ができていない場合は、その班だけど底をやり直しであることを告げる。ただし、掃除時間中は、他の班も手伝うことを教える。

<帰りの会>
・じゃんけんして勝った人から握手して帰る。
・じゃんけんではグーしか出さない。

<子どもが帰った後>
会議終了後、子どもの様子を記録する。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド