TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/19 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3620779 更新:2013年10月09日

2002年度えいごリアン対応型45分間英会話授業(4)


○準備するもの                              
・1~12までの数字カード
・「Seven Steps」の曲テープ(なくてもよい)
・数字Karuta(グループの数)
・色カード(白表紙を半分に切ったものに色紙を貼ったもの)
・はえたたき(100円均一に売っているもので十分)3本~4本程度

♪Hello、Hello、Hello、Everyone! 

・♪Hello、Hello、Ms.Nishioka! Hello!

発問1:

How are you? 

・すぐ返事が返ってこなかったら,Fine?Good?などと聞いてみる。

指示1:

みんなが先生に「How are you?」と聞いてください。先生がいろいろ答えていきます。(チャンツのように) 

・OK,Fine,Good,Great,hot,cold,sleepy,so so,tired,hungryなどを答えていく。
・一通り答えたら,今度は教師と児童を交代して,教師が「How are you?」と聞き,児童全員に答えてもらう。

指示2:

(フラッシュカードをめくりながら)one,two・・・・ 

・CDに合わせて発音練習したり,教師の後をつけて発音したりさせる。
・Seven Stepsを歌う。(数字を消したり,からだを動かしたりと何回か歌う)

指示3:

(フラッシュカードをめくりながら)red,red,・・・・ 

・red,yellowなど主な色をいくつか発音させる。
・教師の後から発音させた後,児童のみで発音させる。
(ここでえいごリアンを見せるとよい)
・今回のえいごリアンは,3年生には少々難しいダイヤローグなので,色を使ったゲームに置き換える。
・4年生以上は,小さなカードを一人数枚ずつ持たせた「Do you have~ゲーム」が面白い。じゃんけんをして勝ったらもらえるなどとするとよい。

指示4:

Let's play カラーゲーム!!黒板に色カードが貼ってあります。
先生が発音する色を早くはえたたきで,たたいたチームが勝ちです。何回早くたたけるかな?Are you ready? 

・ゲームの前に再度,発音練習をしておく。
・はえたたきの数のチーム対抗にする。(3本なら3チーム対抗)
・黒板から少し離れたところに並んでおくようにさせる。
・黒板の端に,チーム名を書き,勝ったら印を入れていくようにする。

指示5:

Let's begin!・・・・・・red!・・・Next!・・・・ 

・勝ったチームをみんなで拍手する。

指示6:

Let's play カラーバスケットゲーム! 

・チームごとに色を決めてカラーバスケットを行う。
・最初は3つくらいの色で始めた方がよい。
・変化をもたせるために,慣れてきたら6色くらいまでに増やしたり,色を二つずつ言ったりさせてもよい。

指示7:

Let's play Karuta Game!先生が数字を英語で言います。その数字をすばやく取ってください。
取るときのお約束です。取るときは「Here」と言って取ります。ちょっと練習してみましょう。Here!・・・・Here!OK! 

・各グループにKarutaを配る。
・場作りとしては,いすから降りて床で行う。

発問2:

How many cards do you have?1card?2cards?・・・・Good!・・

・カードの枚数を聞いて,誉めていく。

Today's lesson is over.♪Good bye、Good bye、Good bye everyone! 

・♪Good bye、Good bye、see you again.Good bye~!!  


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド