TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/02/17 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6163371 更新:2013年10月08日

「合同な図形」算数のまど


前時は5月2日連休の合間の日。忘れている子もいると考え,復習から始める。

指示1:

ノートに日付(「5/7」)を書きなさい。
「P15②三角形の3つの角の大きさの和」と書きなさい。
三角形の3つの角の大きさの和は何度ですか。ノートに書きなさい。
(三角定規を黒板に一つはる)
太郎君「180°」その通り。あった人は丸をつけなさい。

連休明けである。ノートの書き方を確かめさせ,1つ1つほめながらやっていく。忘れている子も多い。

発問1:

「四角形の4つの角の大きさの和」と書きなさい。
(三角定規を黒板に2つくっつけてはる)
四角形の4つの角の大きさの和はかけ算で求められる。
何×何ですか。ノートに書きなさい。
次郎君「180°×2です」その通り。

発問2:

「五角形の5つの角の大きさの和」と書きなさい。
 (教科書の五角形を対角線を入れて板書)
前の時間はこれを考えるところで終わりました。
教科書P15を開けなさい。
②を押さえます。読みなさい。
黒板を見なさい。(黒板の図をさす)
五角形の中のこの三角形の3つの書くの和は何度ですか。
「180°」(180°と板書。残り2つも同様に確かめる)
三角形の3つの角の大きさの和は何度ですか。「180°」
四角形の4つの角の大きさは和を求める式は何ですか。「180°×2」
五角形の5つの角の大きさの和を求める式は何ですか。全員起立。
言える人は座りなさい。
太郎君「180°×3」その通り。
何度ですか。三郎君「540°です」よ~し。花丸をつけなさい。

ここで「四角形の内角の和が360°」であることを確認してなかったことに気づく。あわてて計算させる。不覚。

発問3:

ノートに書かなくてよいです。
六角形の6つの角の大きさの和を求める式はどうなりますか。(図を板書)
花子さん「180°×4」その通り。
七角形の7つの角の大きさの和を求める式はどうなりますか。(図を板書)
花子さん「180°×5」その通り。

子どもはすんなり分ったようだったようだった。対角線をかきいれた図を板書して見せた

指示2:

○3にいきます。○3を指で押さえなさい。「右の図の○あの角の大きさは何度でしょう。」
先生が言うところを押さえなさい。○あ,75°,90°,70°,もう一度○あ
「○あ+75+90+70」とノートに書きなさい。(ページ数,番号確認)
○あ+75+90+70はいくつになりますか。全員起立。言える人は座りなさい。
京子さん「360°」その通り。分った人は座りなさい。
○あと書いて,○あの角度を求める式を書きなさい。
これは何度から引くとよいか。「360°」              
360°から何を引くのか。  「75+90+70」
「360-(75+90+70)」こうなった人?
どこから計算するのか?   「75+90+70」
そうだ。( )があるときは( )の中から計算する。
それを4行開けて下に筆算で書く。書いてる?
75+90+70はいくつだ? 「235」
次の何と書くのか?      「360-235」
=と360そろえて書いていますか?
360-235はいくつだ?   「125」答えは125°あった人?花丸をつけなさい。

この「360-(75+90+70)」という書き方に抵抗を示す。しかし,前
学年で学習しているところ。この書き方を崩すと「基本型」がぐちゃぐちゃになる。
ここは我慢してこの形式でかかせることにする。

念のためにもう一問問題を出します。今のと同じようにやってごらんなさい。
(5と同様に一緒に解き板書しながら解いていく。四角形の内角が70°80°90°が分っている問題)
○い=と書いて式を書いたら持ってきなさい。
(板書させて答え合わせ)

指示3:

更にもう1問問題を出します。今の同じようにやってごらんなさい。
 (5と同様の問題。四角形の内角が80°90°115°,板書させて答え合わせ)

このように式を書き連ねてやっていく方法を4年時であまりやっていないようだ。
これからも出てくる。ここは時間を取って慣れさせるしかないと予定を変更して計算させた。
たくさん式を書かなくてはいけないことを面倒がる。
しかし「面倒」といってしまえばどんな学習もできなくなる。子どもたちも苦しんでいる。ここは粘り腰である。

発問4:

教科書P16を開けなさい。▽1を押さえます。読んでごらんなさい。
「右の三角形の○あの角は何度でしょう。この三角形と合同な三角形をかきましょう。」
(三角形の内角は70°58°○あ)
式がかけたらもってきなさい。また,答えが出たらもってきなさい。
 (板書させて答え合わせ)

180°から引くところでつまずく。式の計算で面食らっている。何度か×をもらううちにできるようになってきた。
黒板に挑戦する子が出てきた。よい効果である。競い合って解いている。
こうやって少しずつ少しずつ変化がくるのである。

指示4:

計算スキルを出しなさい。4番です。今日は時間がありません。1問コースと2問コースです。
(マニュアル通りやる)のこり1分ほどあります。残りをやりなさい。

説明1:

先生にノートを出したら休み時間です。

チャイムぎりぎりだったが,この指示を出す。最後の問題を写しているかどうかを見る。
やはり写していない子やまちがって写している子がいる。
その場で書き直させる。書き直してもまちがっている。
さらに書き直し。「写す」ということでさえ,いいかげんにする子がいるのだ。揺るがせにしてはいけない。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド