TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/18 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1116202 更新:2012年12月10日

俳句で討論「赤とんぼ筑波に雲もなかりけり」


討論の授業を行いました。

指示1:

「全員、起立。3回声に出して読んだら座りましょう。」

指示2:

「この句を読んで、気づいたこと、考えたこと、思ったことをノートに箇条書きにしましょう。1つ書けるごとにノートを持ってきてください。」 

指示3:

「指名なし発表をします。」

しばらく発表させた後、3回以上発表できた子はトリプルA、2回の子はダブルA、1回の子はA、お尻が一瞬でも上がった子はBを赤鉛筆でノートに書かせる。

指示4:

「けり と 筑波 の意味を辞書で調べましょう。」

けりは、強調を表すこと、筑波は、地方の名前である事をおさえる。

指示5:

「この句の季語と季節をノートに書きましょう。」

赤とんぼ(秋)であることを確認する。

指示6:

「この俳句から見えてくる色を全て書きましょう。」

発表させる。

発問1:

「この句の空は青空がいいでしょうか、夕焼け空がいいでしょうか。」

ノートにどちらか書かせる。そして、理由を箇条書きでたくさん書かせる。1つ書けるごとに丸をつけてあげる。
15分ぐらい時間をかける。

指示7:

「指名なし討論をしなさい。」

夕焼け派
○「赤とんぼ」は、夕方によくとぶから。○「赤とんぼ」には、「夕焼け」のイメージがあるから。○「夕やけ小やけの赤とんぼ」という歌があるから。○晴れの日の夕方と考えれば「夕やけ」でもいいから。

青空派
○「雲もなかりけり」は、「雲がひとつもない」ということだから真っ青な空。○この句は秋で秋晴れということばがあるくらいだから「青空」。○普通、夕やけの空を「快晴」とは言いません。

説明1:

「俳句にはよく、「対比」という技法が使われます。俳句や短歌は対比の芸術とも言われています。そのように考えると、子規はおそらく、快晴の青空と、そこに飛ぶ赤とんぼの2つの色彩の美しさをこの俳句であらわしたかったのではないかなあと考えます。夕焼け空だったら、わざわざ「雲もなかりけり」とは言わなかったのではないかなと考えます。また、この筑波とは、おそらく筑波山のことをあらわしているのではないかという学者もいます。とすると、青と赤と緑のみごとな色彩を歌った俳句だという解釈ができるとおもいます。

授業の感想を書かせる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド