TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/08/19 現在)

21480
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5121332 更新:2013年10月08日

世界と日本の人口(2時間目)


エチオピアの人口ピラミッド(東京書籍教科書P150,以下同じ)を投影する。

発問1:

いつの資料ですか。

指示1:

縦軸の数字を読みなさい。単位は何ですか。

指示2:

横軸の数字を読みなさい。単位は何ですか。

人口ピラミッドのグラフは初めての登場である。
横軸の真ん中に0があること,左側が男,右側が女の年齢別人口構成を表していることを説明する。

指示3:

グラフを見て,分かったこと,気づいたこと,思ったことを3つ以上ノートに書きなさい。

5分後に列指名で聞いていく。0歳から順番に人口が少なくなっている,階段みたいになっているという意見が出た。
すべての意見を認める。クリックすると「人口ピラミッド」の文字が出てくるようにしておく。

次にエチオピアとアメリカの人口ピラミッドを投影する。

指示4:

2つのグラフの違いを1つ以上見つけてノートに書きなさい。

3分後に列指名で聞く。グラフの形が違う,アメリカの0歳から30歳ぐらいまでが少ない,アメリカは40歳ぐらいが一番多いが出た。

説明1:

アメリカのようなタイプをつりがね型,エチオピアのようなタイプを富士山型と呼んでいます。
富士山型は発展途上国に多いです。人口増加が弱まるとつりがね型になります。

クリックするとエチオピアの人口ピラミッドの下に「富士山型」,アメリカの人口ピラミッドの下に「つりがね型」の文字が出るようにしておいた。

次にアメリカとスウェーデンの人口ピラミッドを投影する。

指示5:

2つのグラフの違いを1つ以上見つけてノートに書きなさい。

3分後に列指名で聞く。スウェーデンは0歳から50歳ぐらいまで同じぐらいの人口になっている,スウェーデンは0歳から10歳までの人口が少ないが出た。

説明2:

スウェーデンのようなタイプをつぼ型と呼んでいます。さらに人口増加が弱まり,老人のしめる割合が高くなっています。

クリックするとスウェーデンの人口ピラミッドの下に「つぼ型」の文字が出るようにしておいた。

次に日本の人口ピラミッド(1935年,1960年,1995年の3つを年をふせて)を投影する。

指示6:

古い順に並べなさい。

教科書に出ているためすぐに分かった。

発問2:

日本の人口構成はどのように変わりましたか。

5分間とってノートにわかることを書かせた。
日本の人口ピラミッドが富士山型→つりがね型→つぼ型と移り変わっていることが分かる。
日本が高齢社会に突入していることを説明した。
クリックすると「富士山型→つりがね型→つぼ型」「高齢社会」の文字が出てくるようにしておいた。

ここで教科書P151にある「主題図をつくってみよう」の作業をさせた。
ヨーロッパの地図と高齢者人口割合,人口増加率が示されており,日本より高齢者割合が多い国を着色する作業,
人口増加率をグラフに着色する作業の2つを教科書どおりにやらせた。

発問3:

日本とヨーロッパの国々を比べて,どんなことが分かりますか。

列指名で発表させた。日本の高齢者割合がヨーロッパの国々と比べて高いこと,人口増加率が低いことがわかる。

次に「高齢社会とはどのような社会なのでしょうか。」と問いかけ,教科書P151の本文を一文交代読みで2回音読した。

指示7:

高齢社会について分かるところに線を引きなさい。

列指名で聞いた。引けない生徒もいたため,「総人口にしめる65歳以上の人口の割合が高い」
「高齢者を支える若者の数が年々減っていくため,高齢者福祉に対する一人当たりの負担が増えてきています」
「女性一人当たりの出産する子どもの数が減っています」「少子化の傾向が強くなっています」の記述に線を引かせた。

次に日本の老人人口の割合の変化を年ごとに示したグラフと高齢者世帯の変化を年ごとに示したグラフ(明治図書版「最新地理資料集」P130に掲載されているものを用いた)を投影し,出典,横軸,縦軸を確認した後,年々高齢者の割合や高齢者世帯が増えていることを説明した。

発問4:

今後ますます高齢化が進んでいきます。おこると考えられる最も大きな問題は何でしょう。

ノートに自分の考えを書かせた。
5分後に発表させた。若い人の負担が大きくなる,働く人がいなくなる,活気がなくなるなどの意見が出た。
「このような状況に対してどのような対策をとるかが日本の大きな問題なのです。」と説明した。
最後に教科書P151のコラム「外国人労働者への依存授業」を範読して授業を終えた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド