TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/05/29 現在)

21414
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2400061 更新:2012年12月09日

カセットテープでパート練習する時のコツ


合唱コンクールでカセットテープを使ってパート練習する時、能率よく練習するためのコツ

1.録音はパートごとに1本のテープで

   a. 20分とか30分の短いテープを使用する。
   b. A面に課題曲、B面に自由曲を録音する。
   c. (1回1回巻き戻しをする手間を避けるために)片面に最低2回は続けて録音する。
     (私は通常、パートを2回+カラピアノ1回です。)
   d. (音が低くなると、聴き取りにくくなるため)
     ソプラノよりもアルト、アルトよりも男声パートは少し大きな音で録音しておく。
   e. 小さなラジカセでは音が小さいこと、外でも使用することを考えて、通常の録音レベルよりもやや大きな音で録音しておく。
   f. もちろん、本体とケースには、何が録音されているか一見してわかるように書いておく。
   g. 練習中に誤って録音ボタンを押して消してしまうのを防ぐため、

 2. カセット係の極意

たかがカセット係とあなどることなかれ。リズムとテンポを生み出すためには、細かい配慮が必要なのだ。ここでは、生徒が管理することを前提にしている。

「生徒に話すこと」

パート練習がうまくいくかいかないかはパートリーダーにかかっています。 
練習を始める時、
「あれ?どっちだったっけ?まちがえた、早送りだ。あれ?ちょっと待ってね。」
なんて言ってガチャガチャやっていると、時間がもったいないし、他の人達はだらけてしまいます。
カセットにテープをポンと入れてスイッチをぽんと押すと音が出る。
そのようにカセットを管理するのがカセット係のプロです。
  a. カセットのA面B面にそれぞれ何がどんな順に入っているか把握しておく。
  b. その日の練習の最後には、原則として巻き戻して終わっておく。
  c. 前日に準備ができなかった時は、みんなよりちょっと早めに時間を作って、頭だしをしておく。
  d. 教室や廊下でコンセントを探しておく.。
    屋外で練習する時は、事前に電池を用意しておく。
  e. 係がカセットやデッキの準備をしている間に、他の人は輪になって待っている。リーダーに集合と呼ばれているようでは時間がも
    ったいない。

3.  パート練習の指示が出てから集まって歌い始めるまで1分。

 a.カセットとラジカセを持って、3カ所に分かれる。
 b.楽譜が配られて初めての時は、楽譜を見ながら1回聴く。
 c.テープに合わせて、繰り返し繰り返し練習する。
  難しい部分をみつけて、そこだけを繰り返し練習するのも効果的。
 d.覚えたら、楽譜を見ないで練習する。
 e.自信がついたら、他のパートといっしょに歌ってみる。

 私は、パートリーダーにこの係をさせていますが、担任の先生がなさる場合も同様です。ただし、合唱部がある学校や、もっとレベルの高いことを実践している学校では、このようなことは不要かもしれません。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド