TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/08/19 現在)

21412
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6291959 更新:2013年09月28日

祖父母学級で親守詩を


準備物 親守詩のテキスト(小学校低学年・中学年)を印刷しておく。

祖父母学級で、前半家族愛に関する「たまご焼き」(5年副読本、文渓堂)の資料を扱い、その後半に
親守詩に取り組んだ。対象は小学校5年生である。

説明1:

(道徳から)おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん・・・
いろいろな人のおかげでみんなは大きくなるんだね。
その感謝の気持ちを表す方法に「親守詩」というのがあります。

と言って、テキストを配り、各自で作成した。
子どもたちが上の句を作った後で、下の句は家の人に書いてもらうことを説明した。
そのときに、クイズ形式で例を示した。

発問1:

これは、第1回「親守詩」富山県大会の入賞作品です。
 おじいちゃん いつものおれいに ○○○○○○○ (孫)
               力強さに 目尻が下がるよ (祖父)

○○には何が入るでしょう。

子どもたちから次の考えが出された。
・ありがとう
・かたたたき
・マッサージ

そのあとで正解 「かたもみさせて」を告げた。

発問2:

もう一問
 プレゼント よろこぶかな おかあさん (子)
         思ってくれてる それが○○○○ (親)

○○には何が入るでしょう。

ここは親のところなので参観している親の方にも聞いた。
正解 「うれしい」をつげた。

そして、一緒に親守詩を作成する時間を設けた。
楽しそうにふれあう姿が印象的だった。

いくつか作品を紹介する。
・おばあちゃん おいしいおはぎ ありがとう  喜ぶ顔み ついあまくなる
・お父さん もう少しだけ ダイエット  我が子に言われ 見つめる鏡
・お母さん 起こしてくれて ありがとう  聞くのが楽しみ おはようの声


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド