TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/18 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1143055 更新:2012年12月10日

絶対成功する1枚の写真・資料の読み取らせ方


ノルマントン号事件の風刺絵を提示する。(一例)

指示1:

絵を見て気付いたこと・思ったこと・考えたことをノートに書きます。
1、2、3と番号をつけて、箇条書きで書きなさい。
はじめ。                   

微細技術1 目標値を示す

 

子どもの挑戦意欲をかきたてる。

3個書けたら1年生、6個書けたら2年生、9個書けたら3年生、12個書けたら4年生、15個書けたら5年生、18個書けたら6年生、21個書けたら中学生…。

微細技術2 平均値を示す。

 

自分も書かなくてはという気にさせる。

現在、平均値3個。
まだ3個書いてない人は、遅い。

微細技術3 誰でも見つけられそうな内容を取り上げ、おおげさにほめる。

書けなかった子にとって、そんなことを書けばよいのかというヒントになる。

ボートがある。いいねえ。よく見つけたね。

微細技術4 どんなことを書いてもよいという気にさせる。

思うのは、自由です。
人それぞれ違います。
何でも書いていいです。

微細技術5 シャワーを浴びせるようにほめ続ける。

子どもに自信とやる気を与える。

これは、良く見つけたね。
すごい。かしこい。

指示2:

1個から3個見つけた人、手を挙げなさい。

微細技術6 リズムよくテンポよく聞く。ほめ言葉は、一言。

よし、4個から6個。
7個から9個。
すごいなあ。
10個から12個。
おっ、すごい。
13個以上。
何個ですか。

微細技術7 発表→一言でほめるを繰り返してリズムとテンポをつける。

指示3:

1個から3個見つけた人、起立。

一人一つづつ発表してもらいます。

指示4:

友達と同じ物があったら番号をマルで囲んでおきなさい。
友達に全部言われちゃった人は、座りなさい。
どうぞ。

指示5:

4個から6個見つけた人、起立。
どうぞ。

微細技術8 観点を持って聞かせる。

指示6:

友達と同じ物があったら、番号をマルで囲んでおきなさい。
これはすごいという友達の発表をメモしておきなさい。

微細技術9 考えている意見を特にほめる。

 

これは、一番難しい。
したがって、ほめて徐々に考えた意見を引き出す。

今のA君の発表は、すごい。
「~だから、~っだと考える。」
これは、考えた意見だね。
こういう発表をできるのは、すごいんですね。

Copyright (C) TOSS All Rights Reserved.
TOSS(登録商標第4324345号)、TOSSランド(登録商標5027143号)
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド