TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/12/08 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8565605 更新:2013年08月29日

化学基礎第3時(混合物と化合物、分離と精製)


教科書 数研 P14-19
混合物と純物質・分離精製

P14-15の純物質と混合物まで列音読
重要と思われるところに赤線を引くように指示

どこに赤線を引いたが尋ねる
基本的にどこに引いてもすべてほめる。

指示1:

特に、ここは重要なのでノートに書きます。
  板書「融点・沸点・密度が常に一定 ⇒ 純物質」

説明1:

融点・沸点・密度といった数値として測れる性質を物理的性質という
だから、「物理的性質が一定 ⇒ 純物質」ともいえる。

逆に混合物は融点などが混ざり方によって変わる。だから、使いにくい。
だから、人類は性質が一定の純物質を取り出す努力をしてきた。

教科書 P15 問1 やって答え合わせ
(お答えカードで指名)

性質が一定の純物質を取り出せば、使いやすい。
じゃ、どうやって取り出すのか?というのが、次のページ。

指示2:

P15 問1の下、B 物質の分離・精製 みんなで読みます。

発問1:

混合物から純物質を取り出す操作を何と言いますか?
ノートに書きます。

分離とはどのような操作ですか?
ノートの分離の脇に書きます。

発問2:

分離の方法は何種類あると書かれていますか?
  ノートに全種類書きなさい。あとで埋めますので、3行開けて次の分離方法を書くようにしてください。

指名して、6個確認する。

指示3:

それぞれについて、1行以内で説明をつけなさい。時間は10分。

できたら持ってこさせる。
この間、さまざまな形で声をかける。
   ○ もう3つ目まで終わっている人がいる。早い!
   ○ 残り5分です。
   ○ 限られた時間ですべてやるのです。時間にこだわってこそ
     良いものができるのです。
   ○ 時間内に6つ全部に説明をつけなさい。
持ってきたノートを評価する。キーワードが入っていれば○。
ただし、1行という指示を守らない生徒には厳しく×
  ろ過・・・ 液体とそれに溶けない固体を分ける。
  蒸留・・・ 蒸気にして沸点の違いで分ける
  再結晶・・・溶解度の差を使い、分ける
  昇華・・・固体が気体に直接なる現象を利用
  抽出・・・よく溶ける溶媒を利用
  クロマトグラフィー・・・吸着しやすさと溶媒への溶けやすさ

時間が来たら、教科書P19のまとめと見比べるように指示する。

発問3:

蒸留して作られている物質を何か知っていますか?

石油、液体空気から液体酸素、液体窒素(教科書にある)

説明2:

お酒もそうです。蒸留酒。濃いお酒、焼酎・ウイスキー・ブランデーなどは蒸留してアルコールを濃くしたお酒です。

説明3:

それと蒸留の実験方法がたまにセンター試験などに出題されます。
ポイントは教科書P16の図の4にある吹き出し。
5つあるので読んでください(指名)

実験器具を見せながら解説
  リービッヒ冷却器を見せる(班ごとに回す)
  水の入れる位置は一度反対にやってみせる。そのあと正しく付け替えて見せる。

説明4:

ろ過の方法もセンター入試に5年ほど前に出ています。
やはり、ポイントは教科書に書いてあります。

15ぺの3つの吹き出しを読ませる(指名)
実演する。

15ぺの問1をやる(時間があったクラス)

答え合わせをする。
迷うものに対しては一般的に以下がなりつつことを説明する。
化学式で書けるもの―――純物質
化学式で書けないもの――――混合物

説明5:

今はできなくても,これから物質の知識がついてきたら自然と区別がつくようになります。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド