TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/01/20 現在)

21456
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8331146 更新:2013年08月25日

5年啓林館(円)全発問・全指示(第5時 P.69)


1.円の面積を求める復習をする。

指示1:

「問題を出します。半径4cmの円の面積を求めます。言葉の式、式、答えの3点セットで書きなさい。できたら持って来ます。先着10名様。」

1番の子に板書させ、できない子の参考にさせる。10番で打ち切り、答え合わせ。

指示2:

「次の問題。直径6cmの円の面積を求めます。これは簡単だ!6×6×3.14だ!」

発問1:

「いいと思う人?違うと思う人?」
「どうして違うんだ。」

指示3:

「そうだったな。まず半径にしなきゃいけないんだな。直径を半径にする式を書きなさい。」(6÷2=3です。)
「後は、さっきと同じ、3点セットで面積を求めなさい。」

2.○3の○イと○ウは助走問題→教科書の問題という形で進める。

インターネットランドNo.1123123、赤石賢司氏「今日の向山型算数授業ワンポイントアドバイス『学校図書5年』」にある「円と多角形 第11時のワンポイントアドバイス ~おうぎ形の問題を解く(2)~」を啓林館版に合うように修正して追試。

半径4cmの円を板書する。指名して言わせる。(半径×半径×3.14=円の面積。4×4×3.14=50.24。50.24cm2です。)

指示4:

「半径4cmの円の面積を3点セットで求めなさい。」

指名して言わせる。(半径×半径×3.14=円の面積。4×4×3.14=50.24。50.24cm2です。)

指示5:

「できた人?ここまで丸をつけておきなさい。」

先程の半径4cmの円を4分の1にする。

指示6:

「この円が4分の1になった。この面積を求める式を下に書きなさい。」

全員起立等で追い込んでも良かった。現に赤石賢司氏の実践ではそうなっている。
式を書けた子に式を発表させる。座れなかった子全員でそれを言う。(50.24÷4です。)
また、このとき【4×4×3.14÷4】という1つの式にした子が2名いた。これはこれでOKとした。

「答えはいくつですか。」(12.56cm2です。)

半径×半径×3.14=円の面積
 4 × 4 ×3.14=50.24    50.24cm2
50.24÷4=12.56    12.56cm2

指示7:

「それでは教科書69ページを開きなさい。○3を指で押さえなさい。」

指示8:

「『○3、次の図形の・・・』○イを指で押さえなさい。これを今と同じやり方で解いてごらんなさい。できたら持ってらっしゃい。」

できた子に板書させて分からない子の参考にさせた。が、わからない子はいなかった。何名か1つの式で解いた子がいた。

3.○ウを解く。

半径6cmの円を板書する。

指示9:

「次の問題を出すぞ。半径6cmの円の面積を3点セットで求めなさい。」(半径×半径×3.14=円の面積。6×6×3.14=113.06。113.04cm2です。)

最初に描いた円の中に直径16cmで半径8cmの円を描く。教科書の問題の表記に近づける。

指示10:

「その中に、直径6cmの円を描きました。この円の面積を3点セットで求めなさい。」(6÷2=3 半径×半径×3.14=円の面積。3×3×3.14=28.26。28.26cm2です。)

指示11:

「ここまでできた人?よし!丸をつけなさい。」

半径6cmの円に斜線を入れる(半径3cmの円以外の部分)。

指示12:

「こんなふうに色を塗った。色を塗った部分の面積を求めます。ここを求める式を113.04と28.26を使って書きなさい。」

座った子に式を言わせる。(113.04-28.24です。)

説明1:

「同じになった人?その通り。これで色つきの部分を求められます。」

指示13:

「答えまで求めなさい。」(84.78cm2です。)

半径×半径×3.14=円の面積
 6 × 6 ×3.14=113.04    113.04cm2
6÷2=3
半径×半径×3.14=円の面積
 3 × 3 ×3.14=28.26    28.26cm2
113.04-28.26=84.78    84.78cm2

指示14:

「69ページに戻ります。○ウ。これを今と同じやり方で求めなさい。できたら持ってらっしゃい。」

持って来た子4名に板書してもらった。こちらは分からない子がいた。
2つ目の円の面積を求めるときに直径÷2をして半径を出すというのがまだ定着していないようだ。

4.計算スキル18をする。

早く終わったらの2問目、正方形から円の面積を引き、色付き部分を求める問題にかなり頭を悩ませていた。引いて考えるやり方は難しいようだ。

タイプがまったく異なる2問だったので、先生問題→教科書、先生問題→教科書と進めた。2問先生問題を先にやり、それから○イと○ウをやろうかとも考えたが、時間差が大きくなってしまいそうな気がした。そのため、本日のような進め方をした。
結果的には子どもたちはよくできるようになった。ただ、先生問題の数値を深く考えずに出したため、同じ数値が教科書問題やスキルに登場していた。結局、同じ問題を解くことになってしまった。これは反省点である。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド