TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/18 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5434400 更新:2013年08月25日

分数のたし算とひき算 第6時(啓林館 補助教材P.48)


帯分数同士の計算。これまでの基本型を合体させるだけ。時間はかかるが、1つ1つ丁寧にやっていけば解ける。

1.一緒に解いていく。

(1)ノートに問題を解かせる。

指示1:

ノートに、3と2分の1+1と6分の5と書きなさい。

<板書>
 1   5 
3―+1―
 2   6

指示2:

まず仮分数に直します。直しなさい。

同分母の計算の時に教えた直し方を教師も板書。忘れている子はこれを見て思い出していた。

発問1:

何+何になりますか?

(2分の7+6分の11です)

指示3:

はこれまでと同じです。通分して計算していきなさい。

教師も通分の過程を板書。わからない子が参考にするため。でも、全員できていた。

発問2:

計算していくらですか?

(6分の32です)

説明1:

これで終わりじゃありません。約分できるかを確かめます。

約分の基本型を書いていった。

指示4:

6の約数を言ってごらん。

(1、2、3、6です)

発問3:

32の約数かどうかを確かめます。

(○、○、×、×です)

発問4:

その通り!いくらで約分しますか?

(2です)

発問5:

2で約分。いくらになりますか?

(3分の16です)
このような板書になる。

20111119

説明2:

長い計算です。でも、やり方はこれまでと同じです。

早く書けた子は読んで時間調整。
「3と2分の1+1と6分の5=2分の7+6分の11を通分して、6分の21+6分の11=6分の32を約分して、3分の16です」

(2)補助教材を読み、手順を確認する。

指示5:

補助教材48ページ。
「□1、3と2分の1+1と6分の5の計算のしかたを考えましょう」
「みらい」のやり方は、今やったやり方ですね。□に数を入れなさい。

できた子で読んでいった。

指示6:

次、「つばさ」のやり方を見ます。
「つばさ」はどのように計算しましたか?お隣さんに説明しなさい。

(帯分数を整数と真分数に分けて計算しました)

指示7:

読んでいきます。「3と2分の1+1と6分の5=4+6分の□+6分の5」□には何が入りますか?書きなさい。

(3です)

指示8:

通分したんですね。
次。「=4+6分の□」□に数を入れなさい。

(8です)

発問6:

分数同士を計算しました。
次。「=4+3分の□」何が入りますか?約分しました。

(4です)

指示9:

「=□」帯分数に直しました。

(4+1と3分の1です)

指示10:

答えを書きなさい。

(3分の16です)(5と3分の1です)2通りあった。どちらも良いことにしたが、帯分数同士の計算の場合は帯分数にする方が良いことを話した。

説明3:

このように2つのやり方があります。今日の練習問題はどちらでやっても良いです。
これは、どちらも良い面と悪い面があります。
「みらい」は今までと同じやり方で解けます。ただし、数が大きくなってしまうことが多いので、計算が大変なことがあります。
「つばさ」は数は小さいので計算はしやすいですが、考え方が難しい。
どちらでやってもいいです。大事なことは、正しく答えを出せることです。

(3)練習問題を解かせる。

○2は1問できたら持って来させた。その後、最後までできた子に再度持って来させて○をつけた。ドリルを解かせて終わり。仮分数に直して計算する「みらい」式のやり方はこんな感じになる。ノート画像1 ノート画像2 ノート画像3
終わった子は、翌日の学校行事の準備をさせた。
補助教材の問題は全員クリアできた。

2
3
4

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド