TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/23 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4769619 更新:2013年08月25日

5年啓林館(割合)全発問・全指示(第4時  P.46)


向山型算数教え方教室誌2003年9月、木村孝康氏の論文を参考に組み立てた。

1.助走問題を出す。

木村氏の助走問題の名前だけを変えた問題を出した。
たぬき君はゲームソフトを10個持っています。
これはきつね君の持っているゲームソフトの2倍にあたります。
きつね君の持っているゲームソフトは何個でしょう。

1文ずつスマートボードで映し、1文ずつ追い読みさせていった。

指示1:

「ノートに式と答えを書いて解いてごらんなさい。」
「式と答えを言いなさい。」(10÷2=5です。)

発問1:

「他の答えの人いますか?」

いなかった。

指示2:

「関係図を描いて考えてみます。」
「6cmの線を2本引きます。」
「2cmずつふたをします。」
「矢印を書きます。」

発問2:

「左に入る言葉は何ですか。」(きつねです。)

発問3:

「その通り。では、右に入る言葉は何ですか。」(たぬきです。)
「わかっている数字を書く。きつねの下は何ですか。」(□です。)

説明1:

「そうだな。わからないから□だ。」

説明2:

「□がわからない。だけど、これじゃあ、□×2になってしまう。」

「10と2だ。」と言う子がいたが、「これだと矢印が逆だから、□は求められない。」と言うと納得していた。

指示3:

「こんなとき、遂に下が役立つときがきた。ここに逆矢印を書きます。」

下の部分は何に使うのかをずっと言われていたので、こんなことを言った。いらない言葉だと思う。
下のようになる。
       ×2
 ―――――→――――
|きつね|  |たぬき|
 ――――←―――――
  □個      10個

発問4:

「かけ算の反対は何算ですか。」(わり算です。)

指示4:

「だから、÷2と書きます。」

以下が完成図。
       ×2
 ―――――→――――
|きつね|  |たぬき|
 ――――←―――――
  □個  ÷2  10個

説明3:

「□を求めるので、ここ(÷2と10個)を赤でぐるっと囲む。すると、式は10÷2となります。だから、みんな正解。」

2.P.46の□8を解く。

指示5:

「『□8、科学クラブ・・・』読みます。さんはい。」(「□8、科学クラブ・・・」)
「ノートに関係図を描いてごらんなさい。」

大半の子が関係図を描けた所で次の指示を出した。

指示6:

「関係図が描けた人は、式、答えまで書きなさい。」

関係図は一緒に板書していったが、ほとんどの子が自力で描けた。
教科書に載っているのだが、見ないで描いていたようだ。
式、答えも1名ずつ指名して答え合わせ。

3.○10を解く。

○10は□8と似たような問題で解きやすい。
先に扱う。
問題文を読んだ後、関係図を描かせて持って来させる。

指示7:

「問題が9、10、11と3問ありますが、やる順番を変えます。今やったのと似たような問題の10番をまずやります。10番を関係図、式、答えの3点セットでできたら持って来ましょう。先着10名!」と言った。

先着4名に板書させ、できない子の参考にさせた。。

4.○9と○11を解く。

○9と○11を関係図、式、答えの3点セットで解かせる。
○9ができたら持って来させて、チェック。全員自力で解けた。

2問ともできた子8名に板書(下の写真)させて答え合わせ。

113

5.計算スキル3をする。

全員が2問コースで100点。「早く終わったら」問題も関係図を描かせて解かせた。こちらもよくできていた。
「早く終わったら」問題が終わっても15分余っている。
朝自習の算数プリントが終わっていない子が多かったので、それをやるように指示。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド