TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/10/16 現在)

21530
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8539935 更新:2013年08月24日

酒井式「窓から見える風景」の描き方


Mado01

準備物 

(1)八つ切り画用紙
(2)油性黒マジック

1 窓を斜めに描く

Mado1

窓を一つ選びます。
正面ではなく、窓が斜めから見える場所で場所を決めます。
選んだ窓から2メートル以上離れます。

指示1:

窓枠を画面に斜めに入れます。

説明1:

こうすると画面に動きが出るのです。

窓枠をカタツムリの線でゆっくり描きます。

2 家を1件だけ描く

窓枠に重なって見える家を、まず1件だけ描きます。

指示2:

窓枠にくっついている家を1件だけ描きます。

説明2:

瓦など、目で見て数えられない小さなものは描く必要がありません。

3 隣の家を描く

Mado2

一件の家から家並み全体へ,隣り隣へと描いて増やしていく。

指示3:

先ほど描いた家の隣の家を描きます。それを描いたら、また隣の家を描きます。
こうして隣り、隣りへと描きすすんでいきます。
途中、電柱や木があったらそれも描きます。

絵に集中していくため教室の中が静まります。

4 彩色

家を一件描いたら,描いた家を彩色する。これが酒井式である。
この方法には2つの特長がある。

(1)一件に集中するため,ていねいに描くことができる。
(2)それぞれの家が個性的になる。

欠点もある。
時間がかかるのだ。
だから,授業時数ををたっぷりとっておく必要がある。
私の場合は時間に制限があったため,描画を先にすませて,後で一件一件彩色させた。
この場合の欠点は,機械的合理的に彩色する子が出てくることである。

彩色で使う色は自由でよい。
赤色,黄色,青色の3原色と白色の4色に限定すると,より自然色に近い色で表すことができる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド