TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/15 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5956691 更新:2013年08月24日

話す・聞くスキル2「いっちょこ」


1.追い読み

全体をしっかり見渡してから指示を出す。

指示1:

「いっちょこ」出します。

・資料(スキル)を子どもたち全員に見えるように提示し、どこのページを出せば よいか示す。
 

指示2:

出したら「出しました。」

・早く出せた子をほめる。

指示3:

先生の後に続けて読みます。

・1回目は、読み手の表情を見ながらゆっくりと、はっきり読む。
・リズムにのって教師の後を読ませる。
・よかったときは、「じょうず!」などと短く力強くほめる。そろっていなけば、 もう1度読ませる。

2.1行交代読み

指示4:

 1行交代読み。先生が先、みんなが後。題名は読みません。
    (教師)「いっちょこ」  (子ども)「にんじん」・・・

・子どもが読み終わる寸前に読み始め、テンポよく進める。
  

指示5:

 交代。みんなから。はい!
    (子ども)「いっちょこ」 (教師)「にんじん」・・・

指示6:

 今度は男の子が先。女の子が後。はい!                   
    (男)「いっちょこ」 (女)「にんじん」・・・

指示7:

 交代。女の子から。はい! 

(女)「いっちょこ」 (男)「にんじん」・・・

指示8:

こちらから半分が先(真ん中より左側を手で示し ながら)、半分が後(真ん中より右側を手で示しながら)。はい!  

指示9:

  

 交代。こっちが先。はい!

3.列読み

指示10:

 列ごとに読みます。1行目、2行目・・・10行目。はい!

・手で示しながら列を指名する。
・自分の読むところが分かっているかどうか確認をする。

4.1人読み

指示11:

 2回読んだら座ります。全員起立。

・座っても読んでいる子をほめる。
・ほとんどの子どもが座ったら、「全員座りなさい」と座らせる。

 もう覚えちゃった人?覚えた人は見ないで、自信がない人は見ながら全員で読みます。はい!

・覚えている子がいれば短く力強くほめる。

※今回は、題名を読ませなかった。
 それは、題名と1行目が同じ言葉で分かりにくく、授業のリズムが作りにくいと 考えたからである。

◎検定終了後・・・

指示12:

「列ごとに読みます。」で、1人になる列があった。が、そのようなことを予想していなかった私は、指導案どおり列ごとに1行ずつ読む指示を出した。当然のことながら4人で読むのと1人で読むのでは、声の大きさが違う。検定終了後、1人で読ませるよりも、輪唱のように1行ずつ読む列を増やしていき、人数の少ない列をフォローする読み方もあると代案を教えていただいた。

◎教室のエピソード
題名を見て「いっちょこ?」と不思議がる子どもたち。繰り返し読んでいくうちに1人の子が「先生、これ数字になってる!」と気づく。他の子も「ほんまや!」と驚いた様子。短い数え歌で子どもたちも覚えやすいためか、休み時間になると、どこからともなく「いっちょこ、にんじん・・・」と楽しく口ずさんでいる声が聞こえてきた。

<先行実践>
教室熱中!!話す・聞くスキル-実践・活用例-② 小林伸二 正進社
P.10 「いっちょこ」西雄一郎

<追試文献・DVD>
教室熱中!!話す・聞くスキル-実践・活用例-①~⑥ 小林伸二 正進社
授業に役立つ 話す・聞くスキル 教室熱中DVD PART1・PART2 小林伸二 正進社

<参考文献>
NO.1118119 「授業開始第1時の音読指導について」富永浩史
http://www7.ocn.ne.jp/~tommy100/ondoku.htm

NO.1119141 「音読指導バリエーション」 森美穂
http://www.intsurf.ne.jp/~masahiko/ondoku/ondoku01.htm

NO.1111520 「すらすら読みまでのステップを細分化する」 太田健二
http://homepage2.nifty.com/kenkayo/surasura.html


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド