TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/05/01 現在)

21395
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3198368 更新:2013年08月23日

思わずじっくり観察したくなる!自然に親しむ活動の導入


思わずじっくり観察したくなる!自然に親しむ活動の導入

平成20年発表の「新学習指導要領<理科編>第1 目標」の中で、「自然に親しみ」という言葉がある。外に連れ立って自然に触れさせればよいのかというと、もちろんそうではない。「課題をもって」目的意識をもって触れあわせなくてはいけないのである。本授業は、小4と小2を相手に実践した。どちらの時にも、子どもたちは熱中した。また、逆転現象も起きた。授業開きにもおすすめである。(TOSS静岡ML推奨)

発問1:

チューリップ、知っている人?(挙手させる)
お~、頼もしい。 

※簡単な絵を描いてご覧なさい。時間は30秒です。という作業指示を入れても良い。そうすると、発問2,発問3で誤答が増えることだろう。あえて間違いを増やし、観察の目をもつ大切さに気付かせる授業展開もありえると思われる。

発問2:

(図を提示)チューリップの葉っぱはどれですか。(挙手確認)
①はんまる型(半月型) ②ワカメ型(波状の葉) ③ギザギザの葉 

子どもの多くは①半月型を選ぶ。おそらくはチューリップのイラストの影響だと思われる。②の時には「ワカメ型」というと親しみやすい。

指示1:

こういう時(挙手確認)には周りを見るんだよ。みんなはどうかなって見るの。

※挙手確認し、それぞれ何人かを板書する。意見が割れた場合、「えー、知ってるんじゃなかったの」と笑顔であおる。「意見を言いたい」と自然に手が挙がり発表したがった。

発問3:

では、花。花びらの数は何枚ですか。(ジェスチャーで挙手を促す)  

※テンポ良く当て、答えさせる。

指示2:

いろいろ出たね。3枚、4枚、5枚、6枚、10枚。どれかに手を挙げます。(挙手確認)

※3枚、6枚は入れた方がよい。多くの子は3枚と考える。理由はイラストの影響だろう。うなづける実態である。

指示3:

手を挙げたら?(見る)そう!周りを見る。 

※やはり人数をそれぞれ板書する。

発問4:

チューリップ知っているんじゃなかったの?(笑顔であおる)
外に見に行きたい人?(挙手させる) 

発問5:

暑いからやめとこう。(え~)
どうしても行きたい?(行きたい!)
勝手なことしない?(しない!)
約束守れる?(守れる!)
ぜったい?(ぜったい!) 

※テンポ良く応答し、巻き込む。こういう時には、やんちゃくんも素直に約束を聞く。
思わず笑ってしまいそうなほどの素直さである。

発問6:

約束を守る子?(挙手した子の人数を数えると、挙手すると気付いた子の手が挙がり出す。)

指示4:

口を閉じて外に出ます。玄関に集まりなさい。

こうして確認しに出掛けた。その後、「春の生き物クイズ」と題して活動を展開した。子どもたちは、絵を描き、クイズを考えた。

※タンポポなど花びらの数が多すぎるものもある。○枚くらいとかなりアバウトに書かせたが、そこで数え方の指導をしてもよかったように思う。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド