TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/22 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7768729 更新:2013年08月24日

暗唱『付け足し言葉』


主張
クラスの子ども全員が、楽しく覚えられる暗唱5分間の授業を目指す。

説明1:

勤務校では、朝の帯時間(5分間)に暗唱を行っています。

暗唱をすることによって
・達成感を味わえます。
・日本語のリズムに慣れます。
・作文へとつながります。

説明2:

大切にした点
①リズムにのって、明るく楽しく
②練習量の確保!

準備物
 スマートボード、パソコン、プロジェクター  (板書でも可能です。)

説明3:

授業について
  第1時は、最初の4行のみを扱います。

驚き桃の木山椒の木
あたりき車力よ車曳き
蟻が鯛なら芋虫ゃ鯨
嘘を築地の御門跡

  縦書きで提示します。

 

①追い読み(教師のあとについて、一行ずつ繰り返して読みます。)

※指示なしで、いきなり1行目を読みました。

※膝をたたきながら、リズムをつくりだしました。

「すごい。100人の息がぴったりです。」

指示1:

次は、先生の耳にもっと大きな声を届けます。もう一度。

「すぐによくなった。」

②一行交代読み

指示2:

交代読み。先生対みんな。先生から。

「とっても上手です。」

指示3:

みんなから。

③一斉読み

指示4:

みんなで読みます。となりの人よりも大きな声で。

「元気が出てきました。」

指示5:

スピードアップ!

「よし!」

④個人練習

指示6:

2回練習します。終わったら起立。

「えらい。立ってからも、練習を続けているね。」

⑤文字を消しながら、覚えていく練習

説明4:

※各行の下から2文字ずつを消してあるコンテンツを用意しておきます。
※次々にページをめくっていくと、2文字ずつ消えていく仕組みです。
※板書の場合は、黒板消しで消していくといいです。

指示7:

いよいよ、文字を消していきます。

指示8:

今度はこれで。

指示9:

では、これで。

指示10:

最後は、一文字ずつで。

「さすが、覚えるの早いですね。」

⑥暗唱

指示11:

見ないで挑戦。隣の人と向かい合って。

指示12:

後ろを向いて。

指示13:

前を向いて。言えたら座ります。

⑦テスト

指示14:

テストをします。挑戦したい人?

説明5:

※厳しくチェックをし、合格か不合格かを笑顔で告げます。

D表を受検し、27級から25級に昇級した授業です。

課題   ※文責:安江

井戸先生より
・テストをすると言った時、挑戦者がいなかった。つまり、まだみんなに自信がなかった。そのことを瞬時に判断し、やはりもう一度練習時間を設けるという対応をしなければいけなかった。スマートボードであれば、画面を元に戻すだけでいい。

河田先生より
・全体を褒めているが、それだと動かない。個別に褒めていくように。例えば、「そのあたりから声がよく聞こえる。」「○○君、元気に言えているね。」など。
・最初は淡々と追い読みし、後から子どもに表現させていくとよい。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド