TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/25 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8276139 更新:2013年08月23日

できる書写指導 その6(印の作成)


習字の作品に朱で印を押すとグッと見栄えがする。
年に1度は印を押した作品を作りたいものである。
できた印を朱で押したとき「わー。」と歓声があがる実践である。
大満足の印が完成する。

さて印には次の2種類がある。

 白文印・・文字の線を彫ったもの。
 朱文印・・文字の線を彫り残したもの。

彫りやすいのは当然「白文印」である。

「印」作りが始めてであるので、当然「白文印」を作ることにした。以下、その手順である。

消しゴムとB5大の紙を配る。

そして次のように言う。

指示1:

消しゴムの形を紙に写し取りなさい。こんな風にするんですよ。

と言って、外形を型どらせた。

次に、文字の下書きである。

指示2:

この四角の中に自分の名前を書きます。名前は、このように一文字です。(見本を提示)

名前の中の一文字を書くのである。

全員決まったようである。次に字をどのように書くかの説明に移った。

指示3:

『たとえば啓太君であれば「啓」、絵里奈ちゃんであれば「絵」です。でも「絵」は少し難しいのでひらがなの「え」でもいいです。ひらがなだとこんな風になります。(資料を提示)・・間をおいて・・・全員起立。自分の書く字が決まった人は座りなさい。』

指示4:

字はこのように普通に書くのではなく、(普通に黒板に書く)このように少し変え書きます。(例示)では、まず1つ目を書いて下さい。

 そして、1つ書けたら持ってくるように指示した。やはり全員、普通の字である。

指示5:

今日は3つの印を書きます。そして、その3つの中から1つ選びます。
1つ出来た人は、少し変えて2つ目を書きなさい。

 このようにして、2つ目3つ目を書いていった。
「先生、こんな風に変えてんけど・・」とかいろいろ考えて書いていた。
また、3文字の場合(えりかさん)も少し説明した。
(3文字の場合は1文字を大きく書いて、もう2文字をその隣に小さく書く)

3作目ができたところで、彫りの説明に入った。

彫るときは、このようにVの字に彫っていきます。
全員、前に来てごらん。
例えば「1」であれば、このように斜めにまず彫ります。
まっすぐに入れてしとしまうと、彫った部分がとれません。
必ず、斜めにするんですよ。
 

また、彫るときのコツも伝授した。

説明1:

彫るときは、消しゴムを回しなさい。
でないと体を回さないといけません。

彫るときは真剣である。シーンとした、いい空気が支配していた。
最初に出来たのが、Mさんである。
ゆっくりと印台に「印」を押しつけ、そして紙につけた。
慎重に紙から印をはなすとくっきりと「印」が現れた。
Mさんは、「わー、できたー。」と感動。
次々に、出来てきた人が増えてきた。
次に、

説明2:

印というのは、このように角が少し丸くなっているものが多いです。
これは、消しゴムなので、少し角で消すと丸くなります。
 

消しゴムなので、角を丸めるのは便利である。
これだけで、ぐっと印の雰囲気に近づいた。印らしい印が完成である。

「先生。早く(作品に)押したい。」という声が・・・・
 
何とも「味わい」がある「印」の 数々である。

In

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド